専門サイトでの情報提供を軸にAGA治療のための医療機関受診を促進

MSD(株)

AGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」を販売するMSD(株)では、AGAに関する情報を継続的に発信するWebサイト「AGA-news」を運営。同サイトとマス広告などを組み合わせたキャンペーンを展開し、AGAに関する啓蒙を行うとともに、医療機関の受診を促進している。

AGAに関する情報を継続的に発信するWebサイト「AGA-news」を運営

 万有製薬(株)とシェリング・プラウ(株)の統合により、2010年10月に誕生したMSD(株)。グローバル・ヘルスケア企業Merck & Co., Inc., WhitehouseStation, N.J., U.S.A.の一員として、「循環器系疾患」「糖尿病・メタボリック」「骨疾患・呼吸器系疾患・免疫系疾患・皮膚疾患」「肝炎・感染症」など、幅広い疾患領域にわたる医薬品の提供を行う同社では、AGA(Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症)の治療薬である「プロペシア」の普及をサポートする目的で、AGAに関する情報を継続的に発信するWebサイト「AGA-news」を運営している。
 同社の前身である万有製薬が「プロペシア」を発売したのは2005年12月。この医薬品はいわば“飲む脱毛抑止剤”であり、抜け毛や薄毛に悩む男性を救う可能性を有する“新薬”であったが、当時、そのような医薬品があると認識している人はほぼ皆無であった。通常、一般消費財などの分野でこのような画期的な新製品を普及させるためには、まず、認知度を高める必要があるのだが、医療用医薬品の場合、薬事法の規制から、一般生活者を対象に広告などによる訴求を行うことはできない。そこで同社では、まず、AGAが医療機関で医薬品を用いて治療することができる疾患であることを訴求することによって、AGA治療のために医療機関を受診する人を増やしていくことを目指し、人気芸人・爆笑問題を起用したTVCMの放映などと並行して、2006年2月、「AGA-news」の運営をスタートしたのだ。
 当初、「AGA-news」のコンテンツは、AGAに関する基本的な情報のほか、AGAについて相談できる医療機関の検索ページが中心であった。開設から約1年半が経過した頃に実施したアンケート調査では、情報に敏感ないわゆるイノベーター、アーリーアダプター層にはAGA治療に関する認知がある程度進んでいるという結果だったことから、マジョリティ層への訴求を進めるために、コンテンツの拡充を推進。現在では「患者さんの治療体験記」「お医者さん自身の治療体験記」「AGAはやわかりQ&A」「AGA診療に対する受診満足度調査結果」など豊富なコンテンツを取り揃え、AGA治療に関心を持ったサイト訪問者のニーズに応えている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年11月号の記事