「Yahoo!ショッピング」連動のアンテナショップを百貨店内に出店

Yahoo! JAPAN

日本最大級のインターネット・ショッピングモール「Yahoo!ショッピング」を展開するYahoo! JAPANでは2010年3月、クロス業態商品展開企画の一環として西武池袋本店にアンテナショップを開設。“消費におけるネットとリアルの新しい融合”のトライアルとして多くの成果を獲得した。

西武池袋本店でクロス業態商品展開企画のアンテナショップを出店

 Yahoo! JAPANが展開する「Yahoo!ショッピング」では2010年3月、西武池袋本店に「お取り寄せグルメ選手権」のアンテナショップを開設した。
 「Yahoo!ショッピング」は、言うまでもなく日本最大級のインターネット・ショッピングモールだ。1999年9月のサービス開始時に17店舗であった出店数は、現在約2万店舗、約1万5,000点であった取扱商品数は、現在5,000万点以上にも及んでおり、年間取扱高(2010年度)は約2,900億円に達している。
 取扱商品分野は、食品、衣料品、家電製品、各種雑貨など、あらゆるカテゴリーに及んでおり、このショッピングモールを通じて手に入らない商品はほとんどないと言えるほどだ。
 ターゲットは1カ月当たり5,000万人以上のユニークユーザー数を誇るポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のユーザー全般。20~40代を中心に老若男女、幅広い層の利用実績があり、特にB to C分野では、あらゆる企業にとって魅力のあるショッピングモールになっていると言える。また、さまざまな集客支援メニューを用意しており、それらのメニューを効果的に利用すれば、効率的に新規ユーザーを獲得することも可能だ。さらに2010年6月には、アリババグループとの業務提携により、「Yahoo!チャイナモール」「タオジャパン」の提供も開始しており、その舞台は中国にも拡大している。
 ビジネスモデルとしては、同社が出店企業に出店スペースを提供。その対価として、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティなどの支払いを受けるかたちであり、商品の紹介、決済、配送、販売促進などを行う販売主体は出店企業となる。
 西武池袋本店におけるアンテナショップの出店は、この「Yahoo!ショッピング」が、(株)セブン&アイ・ホールディングスとの連携によって実施したクロス業態商品展開企画「お取り寄せグルメ選手権」の一環としてスタート。同店地下1階の食品フロアスイーツ&ギフト売場で継続的に展開しているものである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年8月号の記事