通信販売の補完から事業の大きな柱に

(株)DoCLASSE

百貨店での期間限定ショップなどの経験を経て、2010年11月に「DoCLASSE自由が丘本店」をオープンしたアパレル通信販売専業企業(株)DoCLASSE。同社では今後、首都圏を中心に直営店展開を進め、将来的には店舗販売を通信販売事業を上回る規模にまで育成することを目指している。

40~50代の女性をメインターゲットにファッション性の高い衣料品をリーズナブルな価格で提供

 (株)DoCLASSE(ドゥクラッセ)は、7年間にわたって外資系アパレル通信販売企業の経営に携わった経歴を持つ林恵子氏が2007年9月に設立し、現在も代表取締役を務める通信販売専業企業である。
 同社の通信販売事業におけるメインターゲットは40~50代の女性。これらの層では、「おしゃれはしたいが、ファッション性を重視すると、身体にフィットするサイズのものが少ない」という悩みを持つ人が多いという認識から、ターゲットを絞り込み、それらの層にフィットするアイテムを数多く品揃えすることで、ニーズを充足することを目指している。なお、2011年3月には、これらの層の配偶者をイメージした同年代の男性向け商品の展開も開始。自社の位置付けを「日本の40~50代の婦人と紳士をいつまでも若々しく、元気にし、輝かすことを使命とする」とうたっている。ちなみに、約50万人のデータベース登録顧客のうち、90%前後が40代以上の女性とのことであり、ほぼ、同社の想定に近いかたちで推移しているようだ。
 利用媒体の中心は新聞広告とカタログ。そのほかWebサイトによる販売も行っているが、現状では活字媒体の補完的な位置付けとなっている。
 新聞広告については、朝日、読売、日経などの全国紙および地方紙に全5段広告を出稿。直接購入とカタログ請求の申し込みを受け付けており、レスポンスの約1/3が直接購入、約2/3がカタログ請求となっている。レスポンスがあった顧客、見込客にはカタログを送付して、継続的な購入を促している。
 カタログは基本となる“春夏版”“秋冬版”をベースに月ごとのおすすめ商品などを入れ替えたり、追加したりするかたちで月1回発行している。
 商品については、「おしゃれで高品質の洋服」を値頃感のある価格で提供することを基本としており、代表取締役の林恵子氏と、40~50代のファッションデザイナー、美容ジャーナリスト、美術プロデューサーなど8名の外部委員で構成される“9人委員会”の意見などを反映した自社企画商品を中心に、トップス、ボトムス、アウター、バッグ・小物・靴などを品揃えしている。
 フルフィルメントについては、電話・ファクス、Webサイトで注文を受け付け、宅配便で商品を配送。支払い方法は代金引換、クレジットカード、コンビニエンスストア振込(2回目以降)を用意している。なお、返品・交換については、理由にかかわらず無期限で受け付けることで、顧客満足度の向上を図っている。
 業績は順調に伸長しており、3期目となる2010年8月期の売上高は22億2,000万円。4期目となる2011年8月期では、前年の約2倍に当たる売上高45億円を達成する見込みである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年8月号の記事