店舗販売により顧客の利便性向上と新たな顧客層の開拓を実現

オイシックス(株)

青果物、肉・卵、魚、加工食品などのインターネット通信販売、店舗宅配事業を手掛けてきたオイシックス(株)では、2010年11月、恵比寿三越内に初の直営店をオープン。2011年3月には2号店として二子玉川東急フードショー店もオープンし、現在2店舗体制での運営を行っている。

恵比寿三越内に念願の直営店を開設

 2000年6月の設立以来、サービス理念である「一般のご家庭での豊かな食生活の実現」を目指し、青果物、肉・卵、魚、加工食品などのインターネット通信販売、および牛乳宅配店・酒販店などのルートによる店舗宅配事業を手掛けてきたオイシックス(株)。
 最近では、東日本大震災に伴う福島原発事故によって生じた東北・関東エリアの一次産業産品の安全性に対する生活者の不安と風評被害に対応すべく、青果物、乳製品、卵、鮮魚の「全アイテム」について「流通前」の検査を「毎日」実施する体制を、多くの流通業者に先駆けて築き上げた。このような「安全性、栄養価、価格、味といった観点で厳選した食材をお届けする」揺るぎない姿勢が多くの生活者から高く評価されており、主力のインターネット通信販売部門の購入経験者数は2011年3月時点で約60万人にも及んでいる。
 また、2010年3月にはインターネット・ショッピングモール「Yahoo!ショッピング」とID・ポイント・決済の連携を開始するなど積極的な事業展開を進め、業績面でも設立から10年を経てもなお高い成長率を持続し、2011年3月期の売上高は対前年比17.8%増の82億1,027万円に達するなど、数あるeコマース企業の中でも、その動向が注目される存在となっている。
 「おいしくて体に良いものを苦労せずに食べたい」という顧客の声に応えることを目指す同社では、常に顧客の利便性の向上を意識しており、店舗販売についても、購入ルートの選択肢を増やすという観点で、設立後、比較的早い段階からその可能性を模索していた。その中で、例えば、2008年5月に「美しく健康で快適な」ライフスタイルを提唱するコンビニエンスストア「ナチュラルローソン」での青果物の販売を開始するなど、さまざまな取り組みを進めてきたが、2010年11月、ついに百貨店・恵比寿三越内に初の直営店をオープン。さらに、2011年3月、東京都世田谷区の二子玉川東急フードショー内に2号店をオープンし、現在2店舗体制で展開を行っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年8月号の記事