デザイン性の高い商品の訴求を目的に伊勢丹新宿本店に期間限定のリアル店舗を出店

アスクル(株)

オフィス用品や理科学用品、医療材料などの通信販売を手掛けるアスクル(株)。同社では、「ハッピーオフィスネットワーク」の実現を目指して、2004年からデザイン性の高い商品の開発に注力。その商品を広く訴求することを目的に、2010年6月に東京の伊勢丹新宿本店に期間限定で出店。約70アイテムを販売した。

目指すは、ハッピーオフィスネットワーク

 アスクル(株)は、1993年3月からサービスを開始した、オフィスに必要なモノやサービスを「明日お届けする」トータル・オフィス・サポートサービスを提供する会社である。「お客様のために進化する」を企業理念とする同社では、年々、取り扱いアイテム数を拡大。「ハッピーオフィスネットワーク」をスローガンに、1日の中でも長い時間を過ごすオフィスを、商品やサービスを通じて幸せで楽しい場にすることを目指している。
 もともとは文具・オフィス家具の販売からスタートした同社だが、現在では文具、オフィス家具、キッチン用品、インテリア、飲料、生活雑貨に至る幅広いアイテムを取り扱っているほか、医療分野における手袋やマスクなどの一般消耗品や注射針やカテーテルといった医療材料も販売。
 カタログ掲載商品とインターネットショップのみで取り扱う商品を含めて、総アイテム数は9万点に達する。
 同社のビジネスモデルは、紙もしくはWebのカタログで商品を選び、ファクスもしくはインターネットで注文すると、当日もしくは翌日には届くというもの。このスピーディーな配送サービスと、オフィスで必要なものをリーズナブルな価格で購入できる点が、多くの顧客から支持されている所以だ。2011年5月期の連結売上高は約1,970億円。経済産業省の調査によると、全国の事業所数は600万に及ぶが、アスクルはこのうちの3分の1の事業所と、これまでに何らかの取引実績があるという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年8月号の記事