レビューサイトとTwitterを連携

(株)バスクリン

入浴剤の代名詞的存在である「バスクリン」などの製造・販売を手掛ける(株)バスクリンでは、2009年11月に運営をスタートしたレビューサイト「はぴばすボイス」とTwitterを連携。同サイトに集まるクチコミのソーシャルメディアを通じた波及を図っている。

コミュニティサイト 「はぴばすボイス」を運営

 入浴剤の代名詞的存在である「バスクリン」や「きき湯」「日本の名湯」などのバスタイム製品、「薬用モウガ」「薬用モウガL」などの育毛剤、「バスピカ」「キッチンアクアショット」といったバス・キッチン用洗剤の製造・販売を手掛ける(株)バスクリン。
 1893(明治26)年に創業した「津村順天堂」〔現(株)ツムラ〕を礎とする同社は、2006年にツムラから家庭用品事業を承継してツムラライフサイエンス(株)を創業。その後2008年に、ツムラグループからの独立を果たし、2010年には、社名を(株)バスクリンに変更、現在に至っている。
 同社では2010年4月から、“あなたのバスタイムをみんなに教える”サイトとして「はぴばすボイス」を運営している。このレビューサイトは、ビタミンB2・E、オーガニックホホバオイルといった自然派成分の配合などを特徴とする「バスクリン カラダプラス」の発売に当たり、クチコミ効果を狙って配信を開始したメールマガジンの会員を母体に立ち上げたもの。
 スタート当初600人程度であった会員数は、特にプロモーションを行っていないにもかかわらず自然に増大し、2011年1月現在では、約2万3,000人に及んでいる。なお、特に会員資格などは設けておらず、ID(メールアドレス)とパスワード、ニックネーム、住所、年齢を登録すれば、誰でも会員になることができる。また、投稿は会員に限られているが、閲覧はいつでも誰でも自由に行うことができる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2011年3月号の記事