客観的指標を用いて英会話スキルの向上度合いを明確化

(株)7アクト

(株)7アクトでは、「ネイティブ講師の自宅やカフェで行うマンツーマンレッスン」「レッスン料の毎回払い」をコンセプトとする英会話スクール事業を展開。特に「コンプリート・プラン」では充実したカウンセリングにより、受講者の英会話スキルの確実な向上を強力にサポートしている。

従来の英会話スクールに対する不満の解消を目指して設立

 (株)7アクトは、(株)オリコンによる「オリコン顧客満足度ランキング」の英会話スクール部門において、2007年度から2010年度まで4年連続第一位を獲得している英会話スクールの運営企業である。
 同社の設立は2000年8月。数多くの英会話スクールの中では新進企業であると言える。浅い歴史しか持たない同社が、なぜ高い顧客満足を獲得できているのか。その要因は同社の成り立ちに求めることができる。
 そもそも、同社の設立のきっかけは、現在も代表取締役社長を務める創業者のトーマス理恵氏が、カナダへの留学からの帰国後、英語力を維持するための英会話スクールを探したところ、なかなか満足できるスクールが見つからなかったことにある。同氏は結局、大手英会話スクールに入学したが、不満が解消されなかったため、引き続きインターネットで英会話スクールに関する情報を収集した。
 すると、「英会話スクールについて語る」というコミュニティサイトに行き当たり、多くの人が「コースが先にあるのではなく、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムがあると良い」「生徒の声を反映して改善できるシステムがないとダメだ」「教室にお金を掛け過ぎている」「膨大な広告費が受講料を圧迫している」「グループレッスンではなくて1対1のマンツーマンレッスンが良い」といった意見を持っていることがわかった。
 そこで同氏は、「理想の英会話スクールがないのなら、自分たちで創ったほうが早い」と考え、早速、「生徒の手で作る理想の英会話スクール」というWebサイトを作り、設立の準備を開始。サイト上での議論などを元に、「ネイティブ講師の自宅やカフェで行うマンツーマンレッスン」「レッスン料の毎回払い」といったコンセプトを定め、2000年8月に(株)7アクトを設立して、英会話スクール事業をスタートした。
 つまり同社は、従来の英会話スクールに存在していたユーザーの不満を解消することを目指して設立された企業であり、その意味では高い顧客満足を獲得することこそが同社のミッションであるとも言える。
 なお、同社は現在、首都圏、関西、および名古屋で、レッスン中心の「シンプル・プラン」、カウンセリングを含む「コンプリート・プラン」などさまざまなプランのサービス提供を行っているが、いずれの場合でも無料体験レッスンの機会を設けており、納得した上で受講を決められるようになっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年12月号の記事