レコメンド効果で1注文当たりの平均購入商品点数が向上

(株)リクルート

(株)リクルートでは、2つのサイトを統合した通信販売サービス「Fun★Cart」のスタートに当たり、レコメンドエンジンを本格導入。ショッピングカートのページなどにレコメンドスペースを設定し、商品間の相関を重視したレコメンドにより、アップセル、クロスセルを実現している。

2つのサイトを統合した通信販売サイト

 (株)リクルートでは、同社が運営する通信販売サービス「Fun★Cart」にレコメンドエンジンを導入。ユーザーごとに適切な商品を推奨する仕組みにより、アップセル、クロスセルの増加を図っている。
 「Fun★Cart」は同社が2010年1月25日に、従来から運営していた「赤すぐnet」と「eyeco」を統合するかたちで開設した通信販売サービスだ。統合前の「赤すぐnet」では、妊娠から子育てまでをカバーする通販マガジン『妊すぐ』『赤すぐ』と連動して、マタニティ、ベビー、キッズ、子供服、子供用品などを販売。一方、「eyeco」では、ファッション通販マガジン『eyeco』と連動して、世界中から集めたウエア、シューズ、小物、雑貨、エコグッズ、オーガニックコスメなどを販売していた。両サイトの商品を一緒に閲覧・購入できる通信販売サービス「Fun★Cart」を立ち上げた目的は、重複性の高い両サイトのユーザーが横断してショッピングを楽しめ、また、購入金額に応じて適用される「送料無料」や「割引」などの特典を受けやすくすることで、ユーザーの利便性を向上すると同時に、販売の効率化を図ること。掲載商品は「赤すぐnet」が4,000点前後、「eyeco」が1,000点前後で、PCだけではなくモバイルから利用することもできる。特に出産後すぐの母親層などでは、手軽さからモバイルサイトを選択する傾向があり、現状では全体の40%前後がモバイルサイトの利用となっている。
 ユニークユーザーは約40万人。その中心は通販マガジン『妊すぐ』『赤すぐ』や『eyeco』の読者層であるが、最近では検索エンジンなどを経て「Fun★Cart」にたどり着くユーザーも増加しつつある。なお、「Fun★Cart」はメンバー制サイトとなっている。メンバー以外でも購入は可能だが、メンバー登録をすると注文が簡単になるほか、メンバー限定商品なども用意しているため、ユーザーの大半はメンバー登録をしている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年11月号の記事