週1回ペースのABテストによる恒常的なサイト改善でコンバージョン率を向上

トレンドマイクロ(株) 

セキュリティソフトの代名詞的存在「ウイルスバスター」を販売するトレンドマイクロ(株)では、公式サイトである「トレンドマイクロオンラインショップ」にレコメンドエンジンを導入。ユーザーのサイト内回遊の活性化・円滑化による、コンバージョン率の向上に取り組んでいる。

インターネットセキュリティ業界のリーディング・カンパニー

 トレンドマイクロ(株)は1988年8月に米国ロサンゼルス州で創業したインターネット・セキュリティ業界のリーディング・カンパニー。同社は「あらゆるデジタルインフォメーションを安全に交換できる社会」の実現をビジョンに掲げ、「絶え間ない革新により、ITインフラの変化に対応した最適なコンテンツセキュリティソリューションを提供する」というミッションに基づいて、インターネット・セキュリティ関連製品・サービスの開発・販売を行っている。
 同社を代表する製品で、コンシューマー向けセキュリティソフトの代名詞的存在となっている「ウイルスバスター」では、2010年8月31日に発売開始(店頭発売は9月3日)した最新バージョン「ウイルスバスター2011 クラウド」から基本設計を一新。ウイルス検出に必要なすべてのデータをパソコン内で更新する方式から、クラウド上のデータベースを参照してウイルスを検出する「スマートスキャン」を用いた方式への変更を図った。これにより、リアルタイムでの防御を実現すると同時に、PCへの負荷を最小限に抑えることで、軽快性の向上を実現した。
 同社では「ウイルスバスター」の公式サイトである「トレンドマイクロオンラインショップ」にレコメンドエンジンを導入し、ユーザーのサイト内回遊の活性化・円滑化による、コンバージョン率の向上に取り組んでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年11月号の記事