ユーザーの能動的な検索に頼らない新たな“気付き”を演出

(株)キャリアデザインセンター

(株)キャリアデザインセンターでは2009年5月、ユーザーの能動的な検索以外に、ユーザーにマッチすると思われる求人広告を提示する機能を追加、「@type」にレコメンドエンジンを導入した。導入の結果、求人広告の閲覧数は10~15%増加し、異業種間の転職促進にも寄与している。

エンジニア向けを中心とする求人情報を掲載する転職サイト

 (株)キャリアデザインセンターでは2009年5月、運営する転職サイト「@type」にレコメンドエンジンを導入。サイトユーザーの求人情報との出会いの多様化を図っている。
 「@type」は同社が2000年4月から運用している転職サイトだ。1993年7月に設立された同社は、従来、1994年5月に創刊した『type』などの転職情報誌を中心に、エンジニアを中心とする求職者と企業の橋渡しをしてきた。こうした中、職探しの中心が紙媒体からインターネットに移行してきたことを受けて同サイトを開設。2004年にはサイトをリニューアルし、紙媒体・Webの両軸で転職情報ビジネスを展開している。
 「@type」は求人広告の掲載料を収益源としている。広告掲載企業の業種は、転職情報誌『type』と同様にIT関連企業が中心だが、近年では業種が拡大する傾向にあり、エンジニアのほか、営業、コンサルティングなど幅広い職種の求人広告が掲載されている。
 一方、ユーザーは主に首都圏に在住する20~30代のビジネスパーソンが中心。「@type」では求人情報のほかにもキャリアごとの適正年収診断などの報酬関連情報やキャリアアップのための講座・資格、年収アップ術や福利厚生制度の年収換算など、転職に関連する多彩なコンテンツを掲載している。このため今すぐに転職を考えている層だけではなく、いざという時のために恒常的に情報収集をしておこうという、いわば転職潜在層を含めた幅広いユーザーを抱えており、ユニークユーザー数は約100万人にも及んでいる。
 なお、同サイトは誰でも閲覧することができるが、会員登録をすると、登録した経験職種やスキルと企業が求める条件との間でシステムが自動的にマッチングを行い、求人情報を届ける仕組みの「スキルマッチング」機能が利用できるほか、これに則したメールマガジンも受け取れるため、具体的な転職活動を進めている層を中心に登録が進んでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年11月号の記事