Twitterのリアルタイム性を生かしたクロスメディア戦略で自社のコミュニケーション力を向上

日本オラクル(株)

IT業界をリードする情報管理ソフトウエア会社として知られるオラクル・コーポレーションの日本法人である日本オラクル(株)は、米国発の新しいコミュニケーション・ツールであるTwitterの有効性にいち早く着目。公式アカウントの開設に先駆けて、アカウントの取得を社員にも奨励し、活用法を検討していた。Twitter活用のリーディング・カンパニーの1社とも言える同社の取り組みを紹介する。

Twitterの活用により、顧客のロイヤルティを向上

 日本オラクル(株)は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立。IT業界をリードする企業として、「データの価値を知として最大化させ、豊かな情報社会を実現する」を企業理念に、市場の活性化や経済の発展に役立つ革新的な製品、サービスの提供に力を入れている。
 同社の広報室では“PR2.0”と呼ばれるPR活動を推進中だ。これはマスメディアを通したPR活動に加えて、「いかに市場とインタラクティブにコミュニケーションするか」を機軸に、ソーシャルメディアを積極的に活用するというもの。具体的には広報ブログに加え、YouTubeチャンネル、FacebookやTwitterの公式アカウントを活用している。
 今回フォーカスするTwitterについては、同社の広報室とマーケティング部門が中心となって運用しており、活用ノウハウを蓄積することで、製品やサービスの開発に反映させることを主眼にしている。
 同社がTwitterの公式アカウントの運用を開始したのは2009年7月のこと。主に顧客、インフルエンサー、ブロガーとのコミュニケーションに活用されており、Twitterがほかのソーシャルメディアに比べて情報伝達の速さに優れている点に有効性を見出している。
 現在、同社では、広報室所管の“Oracle_Japan”とマーケティング本部所管の“oracletechnetjp”(オラクル・テクノロジー・ネットワークの略)の2種類の公式アカウントを開設している。前者は同社のニュースリリース、イベント情報、公式ブログの情報などを更新の都度、各Webページへのテキストリンクとともにアップ。後者は技術者向けに特化した情報として、製品のホワイトペーパーやマニュアルのWebページへのリンクをアップするほか、同社製品ユーザーの問い合わせ対応用の掲示板としても活用している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年2月号の記事