Twitterを積極的に活用し動画サイトとのクロスメディア・プロモーションを実現

ソフトバンクモバイル(株)

国内で携帯電話事業を展開するソフトバンクモバイル(株)では、2009年11月に開催された新機種発表会の実況中継にTwitterを導入。自社内外のサイトでの動画配信とTwitterサイトでのテキスト配信を組み合わせたクロスメディア・プロモーションを展開し、当日は多数のフォロワーを獲得した。

新機種発表会における新たなコミュニケーション・ツールとしてTwitterを導入

 携帯電話事業会社としてのスタートは遅かったが、先進性のある機種ラインナップとサービス提供が好評を博しているソフトバンクモバイル(株)。近年においては、契約純増数が26カ月連続トップを記録するなど、目覚ましい躍進を遂げている同社だが、その要因のひとつは豊富な機種ラインナップにある。2009年11月10日に開催した冬春モデルの新機種発表会においても、22におよぶ新機種を発表した。
 同社では年3回程度の新機種発表会を開催。過去には、自社サイトからの動画配信に加え、ニコニコ動画やYouTubeといった外部の動画投稿・共有サイトを使って、その模様を生中継してきた。しかし、平日の日中に開催される発表会をリアルタイムで閲覧できないユーザーからは、何とか別の手段で受信できないかとの要望が寄せられており、同社ではかねてから新たなチャネルを模索していた。
 そんな中、米国での認知度が高く将来性が見込まれ、また、同社の主力商品であるiPhoneとの相性も良いTwitterに注目。テキストにより新機種発表会の模様を中継すると同時に動画サイトのURLを表示する、クロスメディア・プロモーションの開始を決定した。
 この決定は2009年の夏前のことであったが、当時はTwitter自体が日本ではまだまだ米国ほどには普及しておらず、同社においてもこれに精通した者はいなかった。そのため、会社名でのアカウント取得に先駆けて担当者の個人名でのアカウントを取得、“習うより慣れろ”でその使い勝手を体験するとともに、その文化に親しんでいった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年2月号の記事