ケータイサイトを軸にしたクロスメディアで“ランチパック”ブランド認知向上に成功

山崎製パン(株)

国内最大手の製パン会社である山崎製パン(株)は、同社のロングセラー商品「ランチパック」のラインナップを拡充したことに伴い、同商品のブランドを醸成するためのPCサイト「ランチパック・スペシャル・サイト」を開設した。2008年8月からはケータイサイトも開設し、これを軸にしたプロモーションを展開している。

ロングセラー商品「ランチパック」のブランド認知向上のためのサイトを開設

 日本最大手の製パン会社である山崎製パン(株)は、パン、和菓子、洋菓子、菓子パン、調理パンに加え、食をテーマにバリエーション豊かな製品群を提供するメーカーであり、日本を代表するナショナルブランドとして知られている。
 同社を代表する菓子パンのひとつに「ランチパック」がある。同商品は1984年に発売、2009年には25周年を迎え、年間400億円を売り上げるロングセラー商品として多くの生活者に愛されている。ランチパックは食パンに具材を密封してサンドイッチにしたシンプルな作りであるため、パン本来の味わいが問われる商品でもある。そこで、同社独自の製法で作られた特製食パンを使うことで、具材が食パンに染み込むのを防ぎながらも“ふわふわ”と“しっとり”の食感を実現。その絶妙な味わいが支持されて、同社を代表する商品のひとつとなっている。
 発売当初は「青りんご」「ピーナッツ」「小倉」「ヨーグルト」の4種類の具材でスタート。現在では、全国で常時50品目以上がラインナップされている。2002年には同社独自の食パンのスライス技術が開発されたことで、ランチパックの保湿性と食感がさらに向上。食パンの保湿性が高まれば、具材の水分がパンに染み込むのを抑えられることから、パンに挟む具材の種類を大幅に増やすことが可能になった。
 同社はこれを機に、携帯性に優れ“中食”などの食習慣の変化にもマッチする同商品の魅力を改めてアピールするため、PCサイト「ランチパック・スペシャル・サイト」を開設し、新たなプロモーション展開に乗り出した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年1月号の記事