約1,000万人を対象にセグメントされたリコメンドメールを配信

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)では、同社が運営する共通ポイントサービス「Tポイント」が貯まるTカードを保有する会員を対象にリコメンド事業を開始した。そのひとつとしてeメール配信が可能な約1,000万人の会員へのeメールマーケティングがある。セグメント性の高いeメールを発信することでeメールマーケティングの効率を高めるとともに、Tポイント事業におけるアライアンス企業店頭への未訪問客の送客などにも役立てていく考えだ。

ケータイへのリコメンドメールを中心とするリコメンド事業を開始

 DVD、CD、書籍、ゲームのレンタル・販売店最大手「TSUTAYA」の全国フランチャイズ展開を行うTSUTAYA事業のほか、バラエティに富んだエンターテインメント情報をPCやケータイ向けに発信するとともに、オンラインショッピングやオンラインクーポンなども提供する「TSUTAYA online」事業、TSUTAYAおよび提携先で利用できる共通ポイントサービス「Tポイント」を軸としたアライアンス・コンサルティング事業などを展開する企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)。
 同社では2009年10月末現在、約3,365万人のT会員の中で、eメールアドレスの登録があり、かつパーミッションの取れている会員約1,000万人を対象とするリコメンド事業を開始した。
 これは、会員の属性や利用データなどに基づいたセグメント性の高いeメールを発信することでメールマーケティングの効率を高めるとともに、62社に及ぶTSUTAYA以外のTポイントアライアンス企業店頭への未訪問客の送客にも役立てることで、アライアンス・コンサルティング事業の収益向上と新たなメール配信料収入の獲得を目指すもの。当面はeメール中心の展開となるが、将来的には紙DMやレジで発行するPOSクーポンなどとの連携も図っていく意向だ。
 同社がリコメンド事業を開始した背景には、マスメディアやインターネット上などにさまざまなエンターテインメント情報が氾濫する中で、多くの生活者が購買・レンタルするDVD、CD、書籍、ゲームなどの選択に迷っているのではないかという認識がある。実際に同社が2009年10月にネットリサーチ会社を通じて行った調査でも、多くの生活者が家族・友人からの勧め、趣味・嗜好が合う人からの勧めなどを参考にしていることがわかっており、これらに類するものとしてリコメンドメールが有効であると判断したのである。
 このリコメンドメールを活用すれば、例えば同じ新作DVDを紹介するにしても、ハリウッド大作などのメジャータイトルに関して全体的に案内するのではなく、ミニシアター上映作品などのミドルタイトルについて、過去の利用状況をベースにセグメントを行い、利用確率が高いと思われる会員のみに特典付きのオファーを行うなど、きめ細かい対応も可能となる。さらにこのロジックをアライアンス企業のビジネスにも活用すれば、Tポイントをベースとしたマーケティング施策の効果を押し上げることにつなげられるというのが同社の考えだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年1月号の記事