安全・安心な食品を届けるために人材教育に注力する

らでぃっしゅぼーや(株)

環境NPOの活動から生まれたらでぃっしゅぼーや(株)は、会員制宅配事業者のパイオニア。創業から20年を経て、7,000アイテムの商品、10万世帯の会員を誇るまでに成長した。安全・安心への強いこだわりに満ちた生産基準を定め、生産者・販売会社・配送スタッフが三位一体となるためのイベントを恒例化。顧客接点の拡充に努めている。

“環境保全型生産基準”が今注目の有機食品マーケットを創造

  らでぃっしゅぼーや(株)は、「持続可能な社会の実現」を理念に掲げた環境NPO「日本リサイクル運動市民の会」(1977~1987年)を母体として、1988年に誕生した。安全なものを食べたいと思ってもなかなか手に入らなかった当時、誰でも手軽に安全な野菜を入手できる、画期的な会員制宅配サービスを開発した。翌年には、畜産品・水産品・加工食品・環境に配慮した日用品の取り扱いを始め、現在では約7,000アイテムを、全国の会員約10万世帯に販売。2009年2月期の売上高は対前年比7.4%増の228億7,000万円、営業利益は対前年比25.6%増の8億3,400万円に達している。
 一方、「食の安全」「環境保全」というテーマに共感・賛同する生産者も増え、現在では全国約2,600軒(うちメーカーは約500社)と契約、主力商品である農作物の供給には一層の安定感が出てきた。
 さらに、創業当時から徹底したトレーサビリティにこだわり、食・農業・環境に関する情報や、産地・生産者の紹介などを伝える情報誌「おはなしSalad」を会員宅に毎月配布。そのほか、生産者と生活者が交流する「産地交流会」を全国各地で年間数十回も開催するなど、単なる食品宅配会社とは一線を画する“時代に先駆けた”取り組みが特徴となっている。
 同社への会員登録は、Webサイトとコールセンターで受け付けており、注文はWebサイトかカタログとOCR用紙を利用する。基本となる商品は、年間を通して提供される野菜と、季節限定の野菜をセットにした「ぱれっと」。それと一緒にカタログ「元気くん」を毎週決められた曜日に宅配する仕組みになっている。なお、配送される商品はすべて、独自の環境保全型生産基準「RADIX」に則ったものである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年6月号の記事