ゲームを通じて環境に配慮する企業姿勢をアピール

日清食品(株) 

日清食品(株)では2008年9月、環境に配慮する企業姿勢をアピールすることを目的に、S N S「GREE」モバイル版の人気ゲームとのタイアップ・キャンペーンを実施。目標の15万人を大幅に上回る約45万人の参加を得たこのキャンペーンでは、ゲーム内に設けたリンクからブランドサイトにアクセスする参加者も多く、従来「いかにサイトに誘引するか」に重点を置いていた同社のモバイルサイト戦略を見直す契機ともなった。

カップヌードルのリニューアルに伴うキャンペーンにモバイルを活用

 1958年8月に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売。また、1971年9月に「カップヌードル」、1992年9月には生タイプめん「日清ラ王」を発売するなど、常にインスタントラーメンの歴史を切り拓いてきた日清食品(株)。同社では2008年9月、環境に配慮する企業姿勢をアピールすることを目的に、SNS「GREE」モバイル版の人気ゲームとのタイアップによるキャンペーンを実施した。
 同社では2008年4月、全世界販売累計200億食を超えるカップめんの代名詞的存在であるカップヌードルについて、発売から37年目にして初めてとも言える大革新を行った。それは、容器をこれまでのポリスチレン容器から、紙製の「ECOカップ」へ変更するというもの。ECOカップの“ECO”は、「地球のために(For Ecology)」「みんなのために(For Customer)」「おいしさのために(For Originality)」の3つの要素の頭文字から取ったもので、地球環境への配慮と安心・安全、おいしさを追求する同社の姿勢を表したものとなっている。
 リニューアルに当たっては、「変わろう。」をテーマとして、人気グループSMAPの木村拓哉を起用したTVCMを中心とする大規模なプロモーションを展開。これによって、主婦などTV視聴の時間が比較的多い層への浸透は順調に進んだが、10代を中心とする若年層やM1(20~34歳・男性)層への浸透については、これらの層のTV離れなどから必ずしも十分とは言えない状況にあった。そこで同社が注目したのがモバイルである。若年層やM1層の必須アイテムとなっているモバイルを活用したキャンペーンであれば、これらの層への浸透が確実に図れると同社宣伝部(担当:三宅隆介氏)では考えたという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年2月号の記事