興味・関心を持ってもらうサイトと取引上必要な情報を提供するサイトの2段構えで運営

(株)外為どっとコム

2002年4月の設立以来、インターネット環境の進展に即応した「外国為替保証金取引(FX)」の取引システムを提供し、急成長を遂げた(株)外為どっとコム。同社はケータイ・サイトにも対応した「バーチャルFX」「FX検定」を運営し、専門性の高い金融商品の基本的な知識と正しい情報を提供することで、リスクコントロールがしやすい金融商品であることをアピールする。その取り組みと効果について聞く。

FXを専業にした商品提供が強み

 1998年の外為法改正により、従来、銀行でしか行うことができなかった外国為替業務が解禁され、それに伴って登場した投資商品が「外国為替保証金取引」、通称FX(Foreign Exchange)などである。個人投資家の資産運用手段として注目を集め、近年急速に成長している。(株)外為どっとコムは2002年4月の設立以来、インターネット環境の進展に即応したFXの取引システムを提供してきた。現在、口座数は30万件、預かり保証金総額も1,031億円を超えるなど、4年連続業界1位を記録するまでに成長している(※2008年9月現在)。
 同社が手掛ける個人向け外国為替保証金取引事業は、オンラインで提供している外国為替取引のサービスで、金利差収益を貯める中長期運用型の「ネクスト総合口座」と、手数料無料で為替差収益を追求する短期トレード型の「FXトレード口座」と、目的に合わせて選べる2つの口座を用意している。また、「ネクスト総合口座」では、1,000通貨からの小口取引が可能。1万円程度からFXを始めることができることも、初心者の人気につながっている。

※外国為替保証金(証拠金)取引業界における「口座数」「預かり資産」の2部門。期間2008年3月までの4年間。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年2月号の記事