コラボレーション相手とのパートナーシップをベースとするコネクト・アンド・デベロップ戦略を展開

プロクター・アンド・ギャンブル(株)(P&G)

世界最大の日用消費財メーカー、プロクター・アンド・ギャンブル(株)( P & G ) は2000年、“コネクト・アンド・デベロップ”(C+D)と呼ばれるオープン・イノベーション・モデルを打ち出した。C+D戦略の展開においてはパートナーとのwin-winの関係性構築を重視。高い成果を上げている取り組みを紹介する。

160年以上堅持してきた自前主義から脱却

 「ビューティケア」「ヘルス&ウェルビーイング」「ハウスホールドケア」などの分野で、年間約835億ドルの売り上げを誇る世界最大の日用消費財メーカー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)。同社では2001年、“コネクト・アンド・デベロップ”(C+D)と呼ばれるオープン・イノベーション・モデルを打ち出し、それまでの自前主義から脱却。外部の幅広いリソースを積極的に活用する方針へと転換を図った。
 1837年に米国オハイオ州シンシナティで創業したP&Gは、その後160年以上の間、「すべてを自分たちで行う」自前主義を堅持してきた。自ら開発した高付加価値商品による他社との差別化を成長の源泉としていたのである。実際にP&Gの高い商品開発力は数多くのヒット商品を生み出し、多くの成果をもたらしてきた。
 しかし、1990年代の後半には、その状況は変化していた。まず外的な要因として、ITの進展などによりグローバル化が進行。イノベーションのペースは向上し、新奇性の高い商品を発売してもすぐにフォロワーが出現するようになっていた。また、生活者のニーズも高度化し、それを充足するための社内資源も頭打ちになりつつあった。
 このような変化は、同社の業績に大きな影響をもたらした。新発売した商品の成功率は約35%にまで低下。また、売り上げの伸び率が約9%にとどまっていたのに対し、R&D(研究開発)にかかわる費用は約20%増加し、利益率は低下した。そして、これらの結果は株価の下落にまでつながったのである。2000年にCEOに就任したアラン・G・ラフリー氏が、このような事態に対応して打ち出したのが、C+D 戦略だ。
 P&Gには9,300人もの内部研究者が在籍しており、その研究開発力は同業他社と比較しても非常に高いレベルにあると言える。しかし、社外に目を向ければ、関連分野の研究者は約150万人にも及ぶ。これらの外部リソースを活用することによって、より多くのイノベーションを迅速に実現しようとする考え方がC+D 戦略の基本となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年1月号の記事