組合員参画型商品開発により、生協ブランドへのロイヤルティ向上を目指す

パルシステム生活協同組合連合会

1都8県にある10の生協から構成されるパルシステムは組合員による生活者参加型商品開発を手掛けており、2005年12月にはインターネットを活用した「商品開発オンラインモニター」を立ち上げた。しかし、モニタリングから1品目を開発するまでに要する期間が1年弱も掛かることから、短期間で商品開発ができる制度の改善に着手。これにより、より多くの組合員が開発に参加できるようになった。

組合員と生協との関係性を強化する商品開発オンラインモニター制度

 パルシステム生活協同組合連合会は、首都圏を中心とする1都8県にある10の生協から構成されるグループで、「安全で安心な商品」を「ご自宅までお届け」することを中心に、健康、環境、住宅など、生協の組合員と生産者がともに喜びを分かち合える商品とサービスの開発・拡充を目的にしている。登録世帯数は約100万世帯。当初は個人宅配の名称として「パルシステム」を起用したが、現在は個人宅配にとどまらず、暮らしに対する取り組みや事業全体を包含したブランドとして位置付けられている。
 パルシステムでは「サポーターグループ」と「商品開発オンラインモニター」の2つの仕組みにより、組合員参加型商品開発を手掛けている。サポーターグループは1998年に設置した6~15名の生協組合員で構成するグループで、月1回定期的に集まり、商品化に向けての提案などを行っている。
 一方、2005年に立ち上げた商品開発オンラインモニターは、インターネットを活用した意見集約型モニター制度で、500~1,000人規模で意見を収集し、アンケートなどを行って商品開発に生かしている。これまで、商品開発オンラインモニターなど組合員参加によって開発された商品は「シーフードミックス」「ボロニアソーセージスライス」など計10アイテム以上に及ぶ。
 同連合会では2001年より、インターネットによる登録・受注を中心としたシステム「オンラインパル」の運営をスタート、インターネット事業の企画や運営を担う同連合会の子会社、(株)コープネクストを設立した。同連合会では、専門会社であるコープネクストを通じて、インターネットの特性を生かしたコミュニケーションによる組合員とのより良い関係の構築と、組合員の満足度向上に取り組みはじめたわけである。

0901C3

簡単な手続きでインターネットによる発注、商品検索などが可能なシステム「オンラインパル」のWebサイト

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2009年1月号の記事