カードの実稼動増加を図るとともに個店ごとの客層に合った品揃えを推進

(株)ローソン

「マチのほっとステーション」をモットーに掲げ、全国にコンビニエンスストア「ローソン」を展開する(株)ローソン。同社では、クレジット機能付き&機能なしのポイントカードを発行することで、カードを活用した販売促進を強化。また、カードの実稼動増加を図るとともに、個店ごとの客層に合った品揃えを推進していく意向だ。

クレジット機能付き&機能なしのポイントカードを発行

 「マチのほっとステーション」をモットーに掲げ、全国に8,564店(2007年2月末現在)のコンビニエンスストア「ローソン」を展開する(株)ローソン。同社では、これと併行し、美と健康をキーワードにした「ナチュラルローソン」、生鮮コンビニ「ローソンストア100」を展開。これら2業態で培ったノウハウや商品を「ローソン」と生鮮品を数多く扱う「ローソンプラス」に活用し、そのマチ(お店が立地する地域)に合った店作りを行っている。
 出生率低下に伴い、少子高齢化が進む日本の消費市場を考えると、コンビニエンスストア業界では、従来、コアの顧客層(20~30代の男性)ではなかった中高齢者層や女性層に向けた商品・サービスを提供し、顧客拡大に取り組むことの重要性が一層高まっている。こうした中で同社では、販売促進と顧客の情報収集を目的に、女性客の支持が高いポイントプログラムの取り組みを推進し、2002年8月から、(株)クレディセゾンと三菱商事(株)、同社の3社出資により設立された(株)ローソン・シーエス・カードを介してクレジット機能付きポイントカード「ローソンパス」を、2007年1月からはクレジット機能なしの同社独自のポイントカード「マイローソンポイント」を発行。2006年3月からは、JALグループと顧客サービスの向上と新規需要の創出を目的に業務提携し、「JMBローソンパスVISA」も発行している。
 現在、「ローソンパス」と「マイローソンポイント」の両カード会員を合わせると500万人以上を数えており、2008年2月末までに合計で600万人の会員数を目指している。同社では、カードを活用した販売促進の強化によって、カードの実稼動増加を図るとともに、個店ごとの客層に合った品揃えを推進していく意向だ。

MLP カードフェイス NEWLAWSONPASSVI…

入会金/年会費無料で、クレジット機能付きの「ローソンパス」(左)とクレジット機能なしのポイントカード「マイローソンポイント」(右)の2種類のポイントカードを発行。2008年2月末までに会員数600万人を目指している

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年3月号の記事