エリア限定の会員制ネットスーパー事業で店舗販売の補完を狙う

サミット(株)

サミット(株)は、2003年2月から、電話およびFAXによる「サミットお届けサービス」を東京・世田谷区の代沢十字路店で実験展開してきたが、2005年11月でこれをいったん中止。2007年4月からは同じ世田谷区を中心に、新たに会員制ネットスーパー「らくちん君」を開始した。これはインターネットが身近なコミュニケーション手段となり、お客様のネットを通じた商品の購入ニーズが高まっていることを踏まえてスタートしたもの。2008年4月からは東京都杉並区に拡大していく予定だ。

インターネットの普及を背景に会員制ネットスーパー事業を展開

 住友商事グループで、首都圏で食品スーパー「サミットストア」を展開するサミット(株)。同社では2007年4月、会員制ネットスーパー「らくちん君」事業を開始した。
 同社が食品・日用品の会員制宅配事業に取り組んだのは、今回が初めてではない。2003年2月から2005年11月にかけて、「サミットストア代沢十字路店」を拠点に、電話およびFAXで受注して商品を宅配する「サミットお届けサービス」を実験的に展開していたのだ。
 同サービスは、同店利用顧客、特に幼稚園児を持つ母親層の要望に基づき始められた。当初、20世帯ほどであった利用会員は、ピーク時には220世帯程度にまで拡大していた。従って、食品・日用品の宅配に一定のニーズがあることは確認されていたが、収益性が低かったこと、また、例えばFAXによる注文の際に、送信エラーや、注文用紙の表裏を間違えて送信してしまうなど、受発注にまつわるトラブルの発生が避けられなかったことから、実験はいったん中止された。
 このような経験を踏まえ、今回、同社が会員制ネットスーパー事業を開始した背景には、インターネットが生活者にとって身近なコミュニケーション手段として浸透してきたことがある。また、住友商事グループ全体がeコマースを強化する方針であることも大きい。店舗販売を主体とする同社にも、インターネットを活用した新しい販売チャネルの模索が求められたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年2月号の記事