約6年をかけてお客様の需要を見極めネットスーパーへ本格的に参入

(株)イトーヨーカ堂

(株)イトーヨーカ堂では、お客様の買い物をサポートするサービスを各種取り揃えている。中でも、2001年3月から一部店舗で実験を続けてきたネットスーパー事業については、2008年春までに80店舗に拡大する計画を推進中。リアル店舗を通じて提供するサービスのみならず、ネットを活用したeコマース事業のさらなる深耕を図ることで、多様化するお客様のライフスタイルに応えていく意向だ。

2008年春までにネットスーパーを80店舗に拡大する計画

(株)セブン&アイ・ホールディングス傘下の総合スーパー、(株)イトーヨーカ堂。同社は2001年から一部店舗で実験を続けてきたお買い物代行サービス「イトーヨーカドー ネットスーパー」を、2008年春までに80店舗に拡大する計画だ。
 そもそも同社がネットスーパー事業を手掛けた理由は、高齢化によって来店客が減少すると予測されること、団塊世代のECに対する需要が高まっていることなどが挙げられる。こうした中で2001年3月から、葛西店(江戸川区東葛西)で実験を開始した。
 その後、2005年8月に2店目となる大宮宮原店(さいたま市北区)で同事業をスタート。2007年5月までに10店舗での開始に踏み切った。ネットスーパーへの本格参入に向けて、お客様の需要を見極めながら、約6年をかけてお客様にとって便利な仕組みを築いてきたのだ。一方、システム面の整備も進めてきた。当初、お客様からの注文は、各店のパソコンで処理していたが、2007年5月中旬から複数店舗の注文を地域ごとにまとめて処理できるITシステムを本格的に導入。以降は、1カ月に10店舗から15店舗のペースで対象店を拡大し、約半年で77店舗を数えるまでになった。
 ネットスーパーの利用客は、ネット初心者からネットのヘビーユーザーまで幅広く、「一度、店頭に行ったことがあるから(ネットスーパーを)使ってみよう」というお客様がほとんど。実際問題、ネットスーパーの実施店舗拡大に伴い、普段は近くのスーパーや生協などの宅配サービスを利用し、週末だけ「イトーヨーカドー」に来店していたお客様の平日利用が急速に伸びてきた。また、商品やセキュリティ面についての安心感・信頼感から同社のネットスーパーを利用するようになったお客様も多く見られるという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2008年2月号の記事