109系の有名ブランドを揃えて若年世代の女性客の高い支持を集める

(株)モバコレ

(株)モバコレはハイティーンから20代前半の女性をターゲットにしたファッション系のショッピングサイトだ。親会社である(株)ディー・エヌ・エー(DeNA)が蓄積してきた集客力を武器に、独自のビジネスを展開している。

カタログ通販の老舗企業と提携し新会社とともに物販系のサイトをオープン

 携帯電話専用のファッション系ショッピングサイトの「モバコレ」。インターネットのオークションサイト「ビッダーズ」を運営する(株)ディー・エヌ・エー(DeNA)と、カタログ通販の老舗企業である(株)千趣会が共同出資し、2006年にサイト名と同じ(株)モバコレという合併会社を設立したことで誕生した。
 「DeNAではケータイでの物販を以前から計画していました。しかし、物販に対するノウハウがなかった。一方、千趣会は、560万人強の会員を擁するカタログ通販の老舗ですが、若年層を開拓したいという課題を持っていました。まさに相思相愛で誕生したのが“モバコレ”なのです」。同社代表取締役社長の林光洋氏は、設立の経緯をこう説明する。
 同サイトはハイティーンから20代前半の女性をメインターゲットとしたファッション系のショッピングサイト。主力商品は“109系”と言われるブランドだが、サイトをオープンした当初は、いかにこの層を集客するかが最大の課題だった。ケータイが必需品の世代だが、それだけに多くの情報が氾濫。新規のサイトへのアクセスをアップさせるには、それなりの仕掛けが必要だったのだ。
 「DeNAは、『モバオク』と『モバゲータウン(モバゲー)』という、ケータイサイトを運営しています。モバオクは会員数が94万人を超え、出品数は200万件強。モバゲーは会員数743万人、月間PV133億8,300万アクセスという実績を持っていました。しかも両サイトとも、10代、20代で会員構成の大半を占めている。これらのサイトからの顧客誘導を図ったのです」(林氏)
 現在、モバコレへの集客は、モバゲー経由が45%に達しているほか、キャリア3社の公式メニュー、モバオクなどのDeNA運営のケータイサイト、DeNAが提供する「ポケットアフィリエイト」を利用して集客を促進している。
 このほか、モバゲーで使用されている仮想通貨である「モバゴールド」を、モバコレで商品を買うと取得できるサービスを投入することにより、サイト開設後1年で課題としていたハイティーンから20代前半の若年層の集客に成功したという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年11月号の記事