ビジュアルに凝ったブログパーツでオフィシャルサイトを中心に口コミを喚起

松竹(株)

映画や音楽などエンターテインメント業界は、さまざまなメディアでランキングやレビューが取り上げられることから、 口コミが売り上げに大きく影響することが想像される。松竹(株)では、映画公開前からネット上で口コミを醸成するため、オフィシャルサイトとリアルのイベントなどを軸にさまざまな取り組みを行っている。今回は、2006年7月に公開した「サイレントヒル」の事例を紹介する。

作品の世界観を伝える映像で視覚的に興味を持たせる

 邦画の製作・配給、洋画の配給、歌舞伎座をはじめとする劇場運営など、日本の大衆文化を支え続けている松竹(株)。最近では「武士の一分」をヒットさせるなど、業界をリードする存在として、時代劇、アニメ、洋画/邦画、ティーン向けと多岐にわたる作品を手掛ける。同社における映画作品の配給数は年に約30本。作品によって自社で宣伝する場合と宣伝会社に外注する場合があるほか、ターゲットも上映規模も異なることから、宣伝手法は多種多様だ。
 宣伝活動の課題は、投資対効果をいかにして最大化するか。今回は、2006年7月8日に公開された映画「サイレントヒル」における事例を取材した。
 この作品の原作は、ビジュアルの完成度の高さから評価が高く、コアなファンが存在するコナミ(株)の大ヒットホラーゲーム。しかし、原作のゲームは必要以上に意識せず、いち映画作品として宣伝するよう心掛けたそうだ。
 同社では、映画公開前からインターネット上で話題になり、ブロガーを巻き込んで話題が広がっていくような面白い企画にしようと施策を練った。まず、ホラー映画であることを前面に打ち出していくか、逆にこうしたイメージを払拭していくかを検討した。①映画市場では女性を取り込まないと動員増が難しいこと、②直前まで作品を観ることができず、イメージやラフ映像のみ手元にある状態で企画を練らなくてはならなかったことなどから、オフィシャルサイトはスタイリッシュな映画のビジュアルを反映したデザインにした。
 ちょうど同時期に、別の事例でブログパーツを作成し、口コミを広げるというアイデアが持ち込まれていた。これは、個人ブロガーのページに告知用の動画パーツを貼り付けてもらうというもの。しかし、既存の案では新鮮味に欠けるということで、新たにFlashで制作したブログパーツを作り、それにユーザー参加型キャンペーンを組み合わせるという企画を立案した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年3月号の記事