独自の技術を活かし“健康”分野へ参入 長期的視野でビジネスを構築

サントリー(株)

サントリー(株)は、2000年から健康食品の通信販売に本格参入。現在、約30アイテムのオリジナル商品を販売している。マス媒体中心に新規顧客を開拓。緻密な事業計画の下、収支をコントロールしながら事業をスタートし、3年目で黒字化を果たしている。

新たな事業部を立ち上げ通販に本格参入

 サントリー(株)の健康食品事業は、そもそも同社健康科学研究所がゴマの栄養成分からセサミンを発見し、これをサプリメントとして商品化したことに始まる。当初は、同社商品を取り扱っている酒販店での店頭販売などをテストしたが、試行錯誤の結果、個人のお客様にダイレクトに通信販売することを決定。“健康”を核に企業ブランドを構築していこうという中長期の経営方針に則り、新たに健康食品事業部を立ち上げ、2000年より本格的な取り組みを開始した。
 現在、同事業部スタッフは商品開発の担当者も含め総勢50名。コールセンターなど受注チャネルやフルフィルメント部分はアウトソーシングしている。
 取扱商品は、もっとも販売量の多い「セサミンE+」をはじめほとんどがオリジナル商品。R&D部門が素材の探索からはじめて、効果と安全性の検証を行い、市場性の検討を経て商品化が決定されたものである。
 現在の品揃えは、「セサミンE+」のほか、「ローヤルゼリー+セサミンE」「グルコミンサン&コンドロイチン」「マカ」など約30アイテムを数える。価格帯は1,050円~1万8,900円(税込み)。毎日、摂取することを前提として1カ月・約30日分が容器に納められている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年1月号の記事