ネットの新システムを積極的に取り入れ効果的な顧客の獲得や維持・拡大に挑む

ジュピターショップチャンネル(株)

今年創設10周年という大きな節目を迎えるジュピターショップチャンネル(株)。同社は、「コンタクトポイント」の拡大をテーマにさまざまな施策を展開している。例えば、顧客のパソコンの画面にショップチャンネルで放送中の商品やお買得商品の情報を届けるソフト「SHOPホットナビ! 」は、その拡大に寄与しつつある。同社の最新のネット戦略を追った。

コンタクトポイントの拡大が同社の近年のテーマ

 1996年の設立から今年で10周年という大きな節目を迎えるジュピターショップチャンネル(株)。同社のビジネスモデルは、CATVとCSの放送インフラを使ったテレビショッピングである。視聴可能世帯数はすでに2,000万世帯を突破し、1日の平均コール数は3万~4万件に上る。2005年度の売り上げは761億円でテレビショッピング業界トップ、2006年度の売り上げも前年度比「10%台の後半」の増加を見込むなど、その勢いに衰えは見えない。
 その原動力のひとつが、「コンタクトポイント」の飽くなき拡大だ。「ショップチャンネル」に新規の視聴者をいかにして呼び込み、そして視聴者の耳目を1秒でも長くチャンネルに釘付けにさせるか。視聴時間がアップすれば、必然的に「ショップチャンネル」から商品を購入する顧客の人数や購入回数がアップする、という発想である。
 これを実現するため、開局直後の1997年3月には番組の24時間放送に移行し、そのうち週18時間を生放送とした。そして2001年3月には我が国初の24時間生放送を実施、2004年9月には完全24時間生放送を達成したのである。
 しかし、「コンタクトポイント拡大」という観点から見た場合、放送時間は1日24時間が限界。そこで目を付けたのが、「インターネット」の分野である。
 2003年、Web上に「ネットでSHOP」を開設、また最近の試みとしてはRSSやアフィリエイト(成果報酬型広告)といった新技術を取り入れ、より効果的な顧客の獲得や維持・拡大に挑んでいる。現在、同社がネット戦略でトライアル的に取り組んでいるのがRSS、特に注力しているのがアフィリエイトである。
 まずはRSSだが、同社は2004年12月から「ネットでSHOP」上で「SHOPホットナビ!」という名のRSSリーダーをプラグインとして提供し始めた。これは、いわゆる「ティッカー(電光掲示板)」タイプで、ユーザーがダウンロードすると、PCモニターのデスクトップ上で、電光掲示板のように「本日のお買い得」情報や、放送中の商品情報、キャンペーン情報など文字情報を流す仕組みだ。2006年3月時点で、3万人以上に配布。現在も増え続けている。
 2005年12月からは、このサービスをさらにパワーアップ、商品写真を提供し始めた。もちろん文字情報より「画像」のほうがユーザーに対するインパクトは絶大で、視覚的に商品情報を把握した顧客が商品写真上をクリックすれば、即座に商品購入申し込みページへと移動する仕組みだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年8月号の記事