ネット予約システムの改良と提携先ECサイトの拡大で利便性を向上

ジェイアール東日本ネットステーション(株)

JR各線の新幹線・特急のインターネット予約に、ポイントサービス機能を加えた、ジェイアール東日本ネットステーション(株)。同社が運営する「えきねっと」は、提携先の拡大とネット予約のしやすさにより、2005年12月に会員数150万人を突破。同社のポイントサービスの仕組みを取材した。

JR指定席インターネット予約にポイントサービスを追加

 JR東日本のインターネットサービスポータルサイト「えきねっと」を運営する、ジェイアール東日本ネットステーション(株)。
 同社が運営するサービスの基盤は、2001年4月、旅の総合サイト「えきねっとTravel」開設にさかのぼる。「えきねっとTravel」とは、東日本旅客鉄道(株)、日本航空(株)、(株)ジェイティービーの3社が供給する、JR指定券、JAL航空券、旅館・ホテル、レンタカーなどのチケット・クーポンや各種旅行商品の予約まで“旅のことなら何でも揃う”サイト。以降、JRの指定席予約という、ほかにはできない独自のサービスを軸に、顧客の利便性を追求して改良を重ねてきた。
 その一環として、 2002年7月より、 旅館・ホテル予約を対象に「えきねっとポイント」サービスを開始。同年12月には、JR指定席予約も対象に加えた。
 まず、えきねっとサイト上で必要事項を入力し、会員登録(無料)をする。登録にはクレジットカードが必要だ。JR東日本のビューカードのほか、JCB、VISA、Mastercard、AMEX、Dinersのいずれかから、カードを選択する。ビューカードの会員には、後述する特典を用意している。
 JR指定券申し込みの場合、ネット上でJR指定券の予約を完了した後、JR東日本のみどりの窓口のほか主な駅に設置された指定席券売機に登録したクレジットカードを挿入し、内容を確認の上、クレジットカードの暗証番号を入力して指定券を受け取る。
 「えきねっとポイント」は、以下のサービスを利用すると貯まる仕組み。JR指定席予約では、購入金額ではなく指定券1枚に対して20ポイント(グリーン席は40ポイント)を付与。旅館・ホテル予約やJAL国内航空券予約・レンタカー予約などでは、それぞれ基準金額ごとに1ポイントが付与される。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年4月号の記事