競合企業も注目One to Oneオンデマンド対応の業務受託に進出

(株)ジェーシービー

九州地区で先行実施し好評を博していた、「ご利用代金明細書」に同封する会員向け媒体紙「JCB NEWS」のOne to Oneオンデマンド対応の全国展開を開始したJCB。同時に、CRMを推進する他社の会員サービスにおける同様の業務受託にも対応する。

バリアブル印刷が可能にしたOne to Oneの情報作成

 (株)ジェーシービー(以下、JCB)は、いまや5大国際クレジットカードブランドのひとつとして、全世界に5,000万人を超える会員を擁する。そんな同社にとってアクティブ顧客とのコンタクトチャネルであるカード利用代金明細書は、まさに「パワーチャネル」だ。一般に明細書そのものに個別情報を印字する企業は少なくないが、同社では、印字スペースの限界、デザイン上の限界(テキスト情報のみ/カラー化しにくい)などを理由に、早い段階から販促用の別媒体を用意して明細書に同封するスタイルを採ってきた。「JCB NEWS地域版」がそれである。北海道、東日本、中部、西日本、九州の5ブロックごとに情報を差し替え、エリア情報を提供する媒体だ。
 しかし、印刷会社から、画像を個別差し替えできるバリアブル印刷システムの提案を受けたのをきっかけに、情報のターゲタブル性を一層向上。こうして生み出された媒体が、会員一人ひとりに合った情報を提供するオンデマンド媒体紙「JCB NEWS UNI-CLIP(ユニ・クリップ)」である。2003年11月、九州地区での試行を皮切りに、検証を重ねながら徐々に対象エリアを広げ、2005年1月には東日本での展開を開始。2005年10月、ついに全国展開となる。One to Oneによる情報作成方法に関するビジネスモデル特許も出願している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年12月号の記事