リアルタイム方式を採用するなど顧客ニーズをつかむサイト作りを展開

チケットキング

格安航空券、外貨両替・USドル、コンサートチケット、新幹線切符、高速バス、観光タクシー、カプセルホテルなどの格安チケットを扱う「チケットキング」。同店は、同業他社に先駆けて、約5年半前にインターネットによるチケット販売をスタートした。現在、Webサイトへのアクセス数は、1日平均3万件を誇る。集客アップのヒントを探る。

アクセス数は1日平均3万件 約5年間の累積件数は400万件を超える

 「チケットキング 東京本部」の名称で東京・上野に店舗を構え、格安航空券、新幹線切符、高速バス、観光タクシーといったチケット全般の販売、買い取りをはじめ、コンサートや演劇、野球・サッカーなどのスポーツといった興行チケットの売買、および委託販売のほか、USドルの売買などの事業を展開する富士興商(株)。東京・上野の本部ほか、「チケットキング 新橋サポートセンター」「チケットキング 渋谷サポートセンター」というように東京の新橋と渋谷にそれぞれ直営店舗を持つ。また、FC加盟店の募集、および経営指導も行っており、その数は200社以上に上るという。
 同社は、1996年に設立。翌1997年から、チケット販売事業に進出。今から約5年半前に、インターネットを活用してのチケット販売をスタートさせた。同社代表取締役の飯田俊宏氏は、「本事業の開始に先駆けて、ネット通販の市場動向を調べたところ、日本人は商品を手にとって確認しないと納得しない傾向があるものの、チケットについては現物を見るまでもなく機能が明確であることから、インターネットとの親和性が高いと思ったのです」と、格安チケットのネット通販ビジネスを始めるきっかけを説明する。
 同社では、ネット通販を始めるに当たって、いかに不特定多数の人たちに見ていただけるようなホームページにするかということに注力した。飯田氏によると、同業・異業種の経営者の方々と会うたびに、「ホームページを作ってもアクセス数は上がらないし、ほとんど見る人がいない」という諦めに近い話を聞いていたという。しかし、そうした企業のホームページは、会社案内や求人の募集要項がメインになっており、商品を販売するという発想では作られていなかった。そこで、同社では商品を販売するという発想のもとで、Webサイトへの集客を検討し始めたのである。
 「富士興商という会社を売り込んでも駄目。まずは店名(チケットキング 東京本部)を売り込むことが、ホームページのアクセス数を伸ばすことにつながると考えました」(飯田氏)
 同社では、宣伝費として月300万円をかけて、店名とホームページのURL(http://www.tiketking.co.jp)を大きく表示した広告を雑誌や新聞に出稿することで、集客を促進。これを約3年間続けたという。現在では、同社のWebサイトのアクセス数は、1日平均約3万件を数え、過去約5年間の累積で約433万件(2005年8月6日時点)に達している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年9月号の記事