生活者視点のコミュニティ作りとニュースの双方向性に挑戦

神奈川新聞社

2005年2月、Webサイトのリニューアルと同時に、新聞社として初のブログを立ち上げた神奈川新聞社。報道機関である同社が、地域情報を軸として、生活者のコミュニティ作りに乗り出している。前例のない取り組みに、全国からさまざまな企業が視察に訪れている。

地域住民へのニッチな情報発信でサイトのコミュニティ化を企図

 IT環境の進展は情報のあり方を変え、既存メディアのあり方をも問い直している。新聞社も例外ではない。販売部数の低下、業績不振の流れに逆らえず、例えば仏フィガロは大手兵器メーカーの子会社となり、リベラシオンは国際金融財閥との縁組みに生き残りをかけている。また、国内では、朝日新聞社が2004年10月より無料会員制クラブ「アスパラクラブ」を発足させ、購読者の会員化を図るなど、顧客維持を目的とした動きがみられる。
 そんな中、2005年2月1日から、新聞社として初のブログを立ち上げ、注目されているのが神奈川新聞社だ。同社は1996年から、Webサイト「神奈川新聞Web」を展開してきた。しかし、「続けていくうちに、ニュースサイトとしてのWebに限界が見えてきた」と同社メディア局長の松澤氏は言う。2003年時点で、通常時は月間PVが約400万件で頭打ちになる一方で、高校野球など話題性のあるニュースがあると700万~800万に跳ね上がるなど、PVが外部要因に左右され、Webを使ったビジネスモデルを描きにくい状況があった。こうした背景から、単純なニュースではなく、ユーザーの関与度が高い情報を公開していくサイト改善の方向性を模索していたのだ。
 「サイトのコンセプトをニュース配信というよりもコミュニティとし、大手全国紙が参入しにくい地域情報や住民が持っている情報を発信していくことで、顔が見えている人同士のサイトを作っていこう、と考えたのです」(松澤氏)。そのコミュニティを提供するには、ブログが最適なツールだった。
 2004年夏より、スタッフ6人が、それぞれ個人でブロガーとなって勉強を重ね、2005年2月1日、神奈川新聞Webをリニューアルし、会員制コミュニティサイト「カナロコ」を立ち上げたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年5月号の記事