GMクラスに特化したトレーニングを通してスタッフ一人ひとりの意識改革を推進

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)

「宿泊特化型とシティホテルタイプのホテル市場で最も魅力的な宿泊ソリューションを、セグメント化した商品を通じて全国的に提供する」というミッション・ステートメントを掲げるソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)。同社は、2004年10月から本格的な人材育成とトレーニングを実施。スタッフ向けのサービス・スキルの向上のほか、特にGMクラスの管理職のトレーニングに力を入れることで、意識改革に努めている。

2006年末までに客室数を1万室に増やし国内最大級のホテルグループを目指す

 ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(株)は、2003年以降、ローンスターファンドがスポンサーとなって、支援してきたチサンホテルチェーン (24ホテル)およびシェラトンホテル札幌、ホテル日航豊橋など(10ホテル)計34ホテルの運営を担うホテルグループ。現在、客室数は6,735室を数え、国内第12位を誇っている。
 同社は、「宿泊特化型とシティホテルタイプのホテル市場で最も魅力的な宿泊ソリューションを、セグメント化した商品を通じて全国的に提供する」というミッション・ステートメントのもと、①宿泊特化型のホテルを主軸とすること、②シティホテルタイプのホテル市場でのプレゼンスを確立すること、③他セグメントでブランドを構築すること、④運営、サービス、ブランディングで“ソラーレ・スタンダード”を維持することを決めた。
 同社では、お客様へのコミュニケーションの向上を主たる目的として、所有するホテルを新しいチサンブランドをはじめとした5つのカテゴリーに分類。「チサン イン」「チサン ホテル」のブランドは、限定したサービスを提供するホテルのカテゴリーとして設けられ、また、「チサン リゾート」「チサン グランド」は、フルサービスのホテルのブランドとして位置付けている。そのほかに、「ソラーレ コレクション」のカテゴリーを設け、独自のブランド名を冠しているホテルや、独特な特長のあるホテルなど、チサンブランドには入らないホテルをここに分けた。ブランドごとに分類することによって、それぞれに応じたサービス内容を明確にすることができ、お客様の期待に応えられるサービスの提供が可能になったのである。
 また、一部の「チサン ホテル」には、レディースルームを設けて、今後は女性客の獲得にも注力していく予定だ。
 そして同社では、2006年末までに客室数を1万室に増やし、国内最大級のホテルグループになることを目指している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年4月号の記事