スムーズな消費行動を促し新しいライフスタイルの展開を目指す

(株)ゼータ・ブリッジ

「イーマーカー」という、ラジオ・テレビ放送と、インターネット検索・ショッピングとをつなげるサービスを行う(株)ゼータ・ブリッジ。イーマーカーのコンセプトを画像認識にも取り入れ、「フォトナビワイン」というサイトを開始。リコメンドエンジンを活用し、お客様一人ひとりに適したワインの情報を提供。商品購入に結び付いた場合のアフィリエイト収入に期待する。

情報検索のみの無料サービスのユーザー数が150万人に

 インターネットの普及に伴い、個人が入手できる情報量は膨大になってきている。BSやCS、地上波デジタルといった放送の多様化、通信においてもブロードバンド化の加速など、さまざま情報が飛び交う環境のもと、電子商取引市場の拡大が見込まれる。
 こうした環境を見据えて、ソニー(株)やNTTコミュニケーションズ(株)、セイコーインスツル(株)などが出資し、「eMarker(以下:イーマーカー)」サービスを提供する新会社を、2001年に設立。それが(株)ゼータ・ブリッジである。
 「インターネットを通して情報が溢れているものの、自分が欲しい情報にダイレクトにたどり着ける人はマレです。ほとんどの人が自力で探して、欲しい情報にたどり着けなければ諦めてしまう。一方で、売る側も販売する機会を失っているというのが現状です。生活者に対してスムーズに消費行動に移れるようなツールを提供したいというコンセプトのもとに立ち上げました」と語るのは、同社代表取締役社長の安藤尚隆氏である。
 「イーマーカー」とは、2000年12月からソニーが開始した、ラジオ・テレビ放送と、インターネット検索・ショッピングとをつなげるサービスのことだ。ラジオやテレビを視聴していて気になった曲やCMをネット対応携帯電話でブックマークし、インターネットを利用して曲名やアーティスト名といった曲の詳細のほか、検索した曲をもとにゼータ・ブリッジが独自制作した着信メロディをダウンロードしたり、CDを購入できる。現在、同社のサービスを利用している顧客は、情報検索のみの無料サービスのユーザーで150万人、着メロも利用できる有料会員で10万人に上る。
 多くのユーザーに支持されている要因は、イーマーカーのコンセプトがケータイやPDAといったポータブル・デバイスに適しているからだと見ている。これまでは、①気になったその瞬間に調べたい、②気になるものを覚えておきたい、③ケータイでは文字入力が面倒、画面が小さい、④気に入ったらすぐに買いたい、予約したい――といった誰もが持っている欲求に応えられるツールがなかった。イーマーカーの登場により、これらの問題を解決することができたのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年3月号の記事