ユーザーの利便性向上と加盟店の販促サポートを追求

(株)ぐるなび

「レストランの名サポーター」として、日本最大級の飲食店情報検索サイトを運営する(株)ぐるなび。ケータイでの検索サービスは、端末の進化と歩を同じくして、 開発を進めてきた。2005年1月には、ケータイの高機能化と活用可能性を見据え、提供コンテンツを刷新。ユーザーと加盟店双方とのリレーション強化に注力している。

端末の機能向上と歩調をあわせコンテンツを充実、利便性を追求

 「レストランの名サポーター」として、日本最大級の飲食店情報検索サイトを運営する(株)ぐるなび。市場規模が25兆~26兆円と言われる飲食産業において、ユーザーと飲食店双方のニーズを満たすビジネスモデルは多くの支持を得、追随他社を常にリードしている。現在の掲載店舗は、全国4万3,000店。本社を含め全国に9つの営業所を配置し、加盟店の維持・拡大に努めている。
 1996年に運営を開始した同社のWebサイトは、現在、月間で約3億8,000万PV(閲覧回数)に達する。ケータイサイトでの検索はPCで提供するサービスの付加サービスといった位置付けで、1999年、iモードのサービス開始と同時期に立ち上げた。当初は、Webサイトと比べて情報量が少なかったのでアクセス数は少なかった。アクセス数が急増しだしたのは、2001年7月にiモードの「iエリア」サービスを開始したころから。「この近くのお店を」とエリアで絞り込む探し方がケータイの特性と合致し、アクセスがほぼ倍増した。また2004年末にはフリーワード検索を開始、トップぺージに希望のキーワードを入れれば該当の店舗が多数表示されるようになった。検索の階層を浅くしたことで全体的に見られる店舗数が増えた結果、アクセス数が大幅に伸びた。
 出先で使われるというシチュエーションを考えると『いまここ』で使えなければならない。このニーズに応えるサービスを、という発想ではあるものの、ユーザーサイドの利便性を追求する場合、ケータイ端末の機能と通信料という足枷が常に存在する。より使いやすいサイト開発は、端末の進化に歩調を合わせざるを得なかったと日野氏は言う。
 例えば、キャリアによっては内部が複雑な機種があり、開発に手間や費用がかかるために、サービスを提供できずにいたケースがある。また、通信料がユーザー負担である点を考慮すると、情報量の多さが逆効果になってしまう。
 それらのジレンマが高機能ケータイの登場で解消されつつある。2005年1月のリニューアルでは、端末のハイスペック化(容量増加)に伴う情報の質や量の充実を図った。「それまでは、いかにパケット代を押さえ、古い端末でも表示できる容量にするかを第一に考え、例えば黒一色の文字情報のみ、というようにかなり表現上の制限をかけるかたちでサービスを提供していました。最近は、さすがにほとんどの方がハイスペックな端末でアクセスしてきているので、今回のリニューアルでは、画面の見せ方を工夫しています。色のポイントをつけることでより見やすく探しやすい画面にし、同時に、駐車場があるかないか、使えるクレジットカードは何か、また店舗側のPRなどの情報を充実させています。また、引き続き、ケータイ専用の割引クーポンサービスを開始しました」(日野氏)
 今までは、PC主体で展開するサービスをいかにケータイに落とし込むかが課題だった。常々言われていたのは、ケータイ画面では、店名や住所といった少ない情報だけでなかなか店の比較検討ができないということだ。そこで同社では、画面で店内の様子やメニューがわかるように、情報量を充実。現在は、NTTドコモの504シリーズ以降使われているQVGAの液晶で、クリアな画像による情報提供も可能になった。
 ケータイからのアクセス状況は、都市部より郊外、地方で活発な傾向がある。都市部では、PCによる利用が多く、ケータイの利用は少ない。それでも加盟店側に、徐々にではあるが、ケータイから検索して来店する客の割合が増えている、という認識が広がりつつある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年3月号の記事