時間・場所限定のケータイ会員向けサービス「おだもく 5 GO!」 で来店促進を強化

(株)小田急百貨店

東京・新宿を拠点に3店舗を展開する中堅百貨店の(株)小田急百貨店。同百貨店では、2004年5月より「木曜、5時」をキーワードに、主にOL層をターゲットにケータイを使った会員組織化を推進している。同社の「おだもく 5 GO!」の位置付けと来店促進の取り組みについて取材した。

百貨店の林立する新宿においてOL層の取り込みに注力

 東京・新宿を拠点に、小田急線沿線に町田、藤沢と3店舗を展開する(株)小田急百貨店。新宿エリアには伊勢丹、京王百貨店、高島屋と競合店がひしめき、それぞれが「ファッションに強い伊勢丹」、「高齢者に優しい京王」など特長を打ち出す中、同社でも以前から独自のポジション構築を模索していた。生活者を招いてフリーディスカッションを重ねていく中で、マーケティング部門は、JR線と小田急線など3社の私鉄が交わるターミナルである新宿駅構内という“地の利”だけではなく、世代を切ってそれぞれに向けてブランディングを強化することで、「顔がみえる」百貨店となる必要性を痛感していたと言う。中でも、同店の来店客を世代別に見た場合にもっとも来店割合の低い20代の集客を最重要課題と位置付けていた。
 2004年3月の大幅な組織変更の直後から、販売促進部は、競合他社との差異化を図るいくつかのブロジェクトのひとつである「OLプロジェクト」に本格的に着手した。同部署のスタッフは約40名。販売促進、ネットビジネス、催事企画・運営、宣伝・装飾の各担当が連携し、プロジェクト準備を着々と進めてきた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年3月号の記事