日本古来の「伝承自然力」を取り入れた化粧品で将来性の高い通販市場に参入

(株)キナリ

化粧品業界の販売チャネルは細分化され、競合環境は複雑化している。そんな中、「草花木果」は、日本古来の美容法「薬湯」のブランドコンセプトに基づいたコラムや、きめ細かい商品説明で顧客の共感を呼んでいる。

多様化する化粧品販売チャネル

 (株)キナリが、通販にチャネルを限定して、化粧品ブランド「草花木果(そうかもっか)」の販売をスタートしたのは2001年10月。その背景には、化粧品業界全体のパラダイムシフトがあった。市場は、百貨店等で販売される制度品と比べ、セルフ化粧品と呼ばれる低価格商品の出荷量が伸びていた。ドラッグストアや、セフォラ、ブーツといった外資系セルフ化粧品の店舗が台頭していく一方で、化粧品通販の市場も拡大の傾向にあった。また、DHCやオルビス、ファンケルといった、通販専門だった化粧品会社が店舗展開をはじめるなど、競合環境は複雑化。そんな中、(株)キナリが注目したのは通販の市場だった。通販ユーザーは働いている女性や主婦が多いため、25~35歳の有職者・主婦がターゲットの市場参入を計画したのである。
 忙しい現代人が自然やリラクゼーションに目を向けはじめたという時代背景から、取り扱う商品は昔から伝わる知恵に学んだ自然派スキンケア化粧品とした。中でも着目したのが、“薬湯”という健康法だ。薬草植物を湯に入れるという日本古来の習慣の中から、美肌効果の高い植物4つを選択。よもぎ=草、どくだみ=花、緑茶=木、ゆず=果から「草花木果」と名付けたブランドを開発した。現代人の複雑な肌悩みに対し、自然の恵みで肌をいたわりながらケアをし、トラブル知らずの美しい肌状態に導く。“天然植物成分”とミネラルバランスが体液の浸透圧に近く肌なじみのいい“男鹿の温泉水”を配合。「シンプルなケアで最大の効果」を上げる商品が誕生した。天然成分を使った化粧品は鮮度のよい状態でお客さまに届けたい。通販は、草花木果というブランドにまさにぴったりの販売チャネルであった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年7月号の記事