働く女性の支持を受け「口コミ」でバッグの販促を拡充

(有)ワークストリーム

小売業ではなく、あくまでもバッグ・メーカーであることを強調し、モノ作りにこだわる同社。新規顧客の獲得やアンケートを基に商品開発を行うなど、インターネットをうまく活用しながら、息の長い人気商品を生み出している。

100個限定のバッグが24時間で完売!!

 (有)ワークストリーム(東京都渋谷区)は、「働く女性が仕事で使うための、機能を重視したバッグ」をモットーにカバン作りを行っている。
 同社代表取締役の中川千恵美氏は、1997年6月に旭硝子(株)を退職し、同社を設立。Webサイトは同年秋頃に開設した。「Webサイトなら僅かな資金で、バッグを販売できると思った」と、自社のWebサイト作成の経緯を語る。
 当初は、トップページと商品の紹介、オーダーシートの3ページほどのWebサイトだった。「始めたころは集客方法などもわからなかったので、雑誌に載った記事を見た方や交流会で名刺交換をした方がWebサイトを見に来てくれる程度」(中川氏)だった。バッグの売り上げは思うように伸びず、初年度は、1個4万円のオリジナルバッグがネット販売で30個売れただけだった。これは、販路が確保できなかったため大量生産ができず、値段が高くなったことが原因だった。
 そんな中川氏には、その後、今日に至るまでに、2つの転機があった。ひとつは、『クロワッサン』の雑誌担当者との出会いである。全国にある「クロワッサンの店」(24店舗)や同誌の通販コーナーで中川氏の手によるオリジナルバッグを販売することになったのだ。
 もうひとつは、会社設立から1年たったころ、ある雑誌社を介して、ノートパソコンを持って働く女性が集う「モバイルライフ研究会」のメンバーと出会ったことである。
 1998年8月には、同会のメンバーと一緒に「モバイルバッグプロジェクト」を発足。同会に所属する多くの女性を対象に、メーリングリストでバッグに関する意識調査を実施。収集した意見を基に、中川氏がバッグを製造した。リュック型、手提げと肩掛の2WAY型などの5案を作成し、何回もの話し合いを経て、「ノートパソコンが収納できるエレガントなバッグ」の試作品ができ上がった。A4サイズの書類が入り、携帯電話が入るしっかりしたポケットがついて、バッグの中に仕切りがあるワーキングバッグだ。1998年12月に、バッグが完成。100個限定販売でありながら儲けを度外視した1万9,800円に価格を設定。中川氏は、「在庫や資金のことを考えると、100個製品化することは賭けでした」と当時を振り返る。
 「モバイルライフ研究会」通販サイトで売り出したところ、予想を大きく上回り、たった24時間で完売してしまった。この「ワーキングバッグMWinternet」は、現在までに約500個を販売している。
 この快挙は雑誌や新聞に紹介され、いくつかの小売店から引き合いが入り始めたという。

ワークストリーム

同社のオフィシャル・サイト

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年7月号の記事