個別対応カリキュラムの強化で休眠活性・休眠防止

(株)増進会出版社

個々の目標や環境に応じたカリキュラムを通信教育で実現。受講者それぞれの学習の取り組みやすさを追求し、サポート体制を強化した結果、継続率が向上している。

類を見ないターゲティングで業績拡大

 Z会グループの本部機能を担う(株)増進会出版社は、1931年、東京・新宿において実力増進会の名称で創業、大学受験生向けの添削指導を開始した。戦後は静岡県東部に本拠地を移し、学外教育の領域で事業を開拓しながら、順調に業績を伸ばしてきた。現在は、通信教育、対面での塾、出版を事業の3本柱に、グループの売上高210億7,700万円(2002年)、経常利益26億3,700万円(2002年)を計上している。
 通信教育事業は大学受験生から順に高校生、中学生、小学生と対象を拡大。公立トップ高・難関国私立高を目指す中学生、および中高一貫校に通う中学生に向けて、1982年に創立された中学コースは、横浜市に拠点を持つ。
 中学コースの会員数は約9万人(2003年)。首都圏、関西圏を中心とする都市部在住者が多い。大学受験生の受講者については、東大合格者の中のZ会会員比率約6割を長年維持するなど学力上位のハイエンド層の受講が多いことが特徴だが、中学コースにおいても中高一貫校生または公立校の成績上位者の受講が多いのが特徴となっている。
 通信教育大手のベネッセコーポレーションは、幼児や小学生をターゲットとした新規開拓を皮切りに高校生まで継続受講を促す方式を採っているが、受講者の年齢が進むにつれて、塾や受験専門の教育機関といった競合の出現により、受講者数の年齢構成はピラミッド型を描いている。これに対し、同社の場合、大学受験生から対象学年を引き下げるかたちでコースを増設してきた経緯から、受講者の年齢構成はおおよそ逆ピラミッド型だ。しかし中学コースだけを見ると、高校受験が近付くにつれ塾などの競合が増すことに加えて、中高一貫校生における中学3年頃の“中だるみ”などもあり、ほぼ長方形の年齢構成になっているという。
 こうした中、同社では、受講者のリテンションを図るべく、2002年春より、学習目標や学習環境に対応した「個別対応型」カリキュラムをスタートさせた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年5月号の記事