業界初のプライバシーマーク取得 徹底した社内チェック体制を築く

三井住友カード(株)

1998年という非常に早い時期に個人情報の取り扱いを再検討する気運が高まった三井住友カード。各部にコンプライアンス委員を配置して厳しいチェック体制を築くなど、先進的な対策を次々と打ち出している。

金融業界初のプライバシーマーク取得 1999年にプロジェクトをスタート

 VISAジャパングループの中核的役割を担う三井住友カードは、 2003年3月末時点でカード売上高3兆355億円、会員数1,212万名を達成。名実ともに国内有数のクレジットカード会社としての地位を確立している。
 個人情報の保護に対する取り組みの重要性は、他社に抜きん出て、非常に早い時期から認識されていた。1998年には、各部署で取扱法について再検討する必要があるのではという声が高まり、1999年にはプロジェクトチームが発足。社員が閲覧する顧客情報をいかに最小限にとどめるかなどの試行錯誤をスタートさせた。こうした中、プライバシーマークの存在を知り、「社内の取り組みを客観的に評価するために、また、個人情報の保護を徹底させるための手段として」(信用企画部 昆 剛之介氏)、2000年より同マークの取得に向けた活動を開始。2001年4月にクレジットカード業界では最も早く認定を受けるに至った。
 先例がほとんどない中、2000年6月にはプライバシーポリシーを策定。社内の周知を図るとともに、会員に対しても年に1回、利用明細を送付する時に宣言文を同封している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2003年10月号の記事