口コミ起点に新規顧客を獲得 半年で1万3,000名を超す

(株)エフアール・フーズ

食品の宅配サービスを開始したエフアール・フーズでは、自称「素人のコミュニケーション」を駆使して新規顧客に向けたプロモーションを展開。会員数が約半年で1万名を大きく上回る成果を収めた。

店舗販売もいよいよスタート 会員数の伸びは順風満帆

 ユニクロでお馴染みのファーストリテイリングの食品専業子会社であるエフアール・フーズは、野菜や果物のセットを2週間ごとに宅配する会員制サービス「SKIPクラブ」を展開している。生産から販売までを一貫してコントロールし、消費者に高品質(安心・安全)な食品を低価格で提供することを目指したサービスだ。
 「SKIP」というネーミングには、ウキウキした時にする「スキップ」と、間を省く「スキップ」の両方の意味が込められている。元来「食べる」ことは楽しいこと。前者はそのウキウキ感を、後者は、鮮度が命とも言える生鮮食品分野で、生産から販売までを一括管理するビジネスモデルを表現している。
 「SKIPクラブ」は2002年10月にスタート。首都圏のみの展開で、現在の会員数は約1万3,000名(2003年5月現在)に上る。ターゲットは“日々料理を作る人”。30~40代女性(主婦)を中心に、老若男女幅広く会員が集まった。メンバー登録は、フリーダイヤル、ホームページ、専用の申込用紙によるFAXのいずれかで受け付ける。入会金は1,500円(消費税別)、年会費は無料だ。同サービスは、基本コースと追加メニューで構成されており、基本コースは「野菜とくだものAコース」、「野菜とくだものBコース」、「くだものコース」、「核家族向けコース」の4コース。1回の送料は一律200円。決済はクレジットカード払いのみとなっている。
 「SKIPクラブ」以外の販売体系としては、2002年10月にスタートした、好きなときに好きな商品を購入できるオンラインショップ「SKIPストア」や、対面販売の店舗「SKIP松屋銀座店」(2003年5月オープン)などがある。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2003年7月号の記事