成功が生んだ新たな一歩 なぜ、 “インドメン” 第2弾は出ないのか

東洋水産(株)

コミュニティサイトの活用が大きな売り上げにつながったにもかかわらず、サイト上では売り上げではなくブランド形成を重視することを決定した東洋水産。成功が生んだ意外な「疑問」が、この結論を導き出していた。

120万食を売ったインドメン

 カップ麺や冷凍食品の「マルちゃん」ブランドでお馴染みの大手加工食品メーカー、東洋水産(株)。コミュニティサイトを活用して集めた顧客のアイデアを商品化した「インドメン」が大成功を収め、120万食を完売したのは2000年3月のことだ。しかしその後、第2弾企画は出ていない。広報宣伝部 課長の角忠氏は「コミュニティサイト“マルちゃん学園”を含むインターネット活用は、売上高ではなく、ブランド力の向上を第一義に掲げていきたい。そのためには、記号化されたブランドの背後にある活動・志向・思想などを開示することが重要となる。今後、マルちゃん学園を含むインターネット活用は、企業ブランドからプロダクトブランド・レベルまでのすべてを考慮した上で、あらゆるステークホルダーの要請および要求に対応することを目指す」と語る。
 マルちゃん学園の2002年の月平均トップページビューは20万。キャンペーン時には月当たり40万ページビューに達している。コンテンツはおなかのすき具合をチェックする「実験室」、製品情報を案内する「博物館」、通信販売機能の「売店」、テーマごとに顧客の意見を収集する「クラブ活動」など、名称変更や内容の更新はあるものの、2001年と比べて大きな変化はない。コミュニティサイト活用により大きな売り上げを確保した同社が、なぜECや商品開発を主要な目的としたサイト作りに傾かなかったのだろうか。
 その理由を探る前に、まずインドメンについて復習しておこう。同商品は、現在も同社が協賛しているMBK流通パートナーズ主催の「Food’s Foo」がカップ麺のアイデアを募集。応募総数1,051件の中から人気投票を行い、トップに輝いた「とろっとおいしいカレーラーメン」を東洋水産が商品化したものだ。120万食を完売する快挙もさることながら、「ネットを活用した顧客との双方向コミュニケーションによって誕生した商品」として、メディアでも採り上げられ話題となった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2003年6月号の記事