eメールの徹底活用で顧客満足度を格段に向上

オイシックス(株)

安全で新鮮。最高の食品を顧客に届けることを使命とするオイシックス(株)では、頻繁にメルマガを発信することに加え、eメールを徹底的に活用することで顧客から高い信頼を得ることに成功した。

安全・新鮮な食材へのこだわり

 「一般家庭における豊かな食生活の実現」を企業理念に持つオイシックス(株)は、有機野菜などの食品販売会社として2000年6月に設立。同8月にオンラインショッピングを開始した後、同9月には牛乳宅配店・酒販店を通した食材宅配事業をスタートさせた。2001年度の総売上高は3億円、2002年度(見込み)は8億円と、急成長を続けている。現在、販売チャネルは上記提携店(250店・2002年11月末現在)とインターネットで、売上構成比は各50%となっている。
 同社では顧客視点に立脚した事業を目指し、従来の食品宅配事業とは異なり、①好きなときに好きな量を注文できる、②入会金・年会費が無料、③土・日曜日を含め到着日時の指定が可能、などのサービス体制を整えた。また、減農薬・減化学肥料栽培以上の安全性を確保した食材にこだわるだけでなく、扱う食材の安全性などを監査する第三者機関「食質監査委員会」を独自に開設。専門家3名とインターネットを通して募集した主婦3名(任期1年)からなる同委員会が、同社商品を厳しくチェック。新商品は同委員会の認可が必要という徹底ぶりだ。
 今回は、インターネットを通じて商品を購入する顧客との関係作りに焦点を当て、話を伺った。ちなみに、牛乳宅配店における顧客ターゲットは60代、70代のシニア層であり、インターネットでは30代主婦層や都市部在住者をターゲットとしている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2003年3月号の記事