口コミにインターネットを有効利用

(株)インター・レコーズ

ここ2~3年、低迷気味のCD市場において、インディーズの好調ぶりには目を見張るものがある。メジャーなアーティストに比べ、販促費を多くかけられないインディーズの市場を、これほどまでに活気づけている企業の戦略とはどういったものなのか。

伸びるインディーズCD市場

 音質を損なわずに簡単にCDの複製が可能なCD-R等の普及に伴い、CD市場は全体では、ここのところ3年連続で縮小している。しかし、インディーズ(※)系のCD市場だけを見れば、前年比20~30%もの伸びを示している。このインディーズの好調ぶりを裏付けるように、近ごろでは、「モンゴル800」、「Going Steady」などのインディーズ出身のアーティストが脚光を浴び、音楽市場を賑わせている。
 昨年7月に設立された(株)インター・レコーズは、そうしたインディーズ系のアーティストを育成し、また、インターネットを利用した音楽メディアの確立を目指す新進気鋭のレコード会社である。
 多くのインディーズ系のレコード会社では、大手レコード会社に比べ、宣伝などの販促費にそれほど費用をかけられない場合も多い。しかしその市場は、前述のように低迷するCD業界の中で活気を見せている。その理由としては、まず、メジャーなアーティストの音楽だけでは満足せず、もっとユニークなもの、新しいものを求めるリスナー(聴き手)の嗜好の多様化が挙げられるが、インディーズ系のアーティストを売り出す企業側も、何かしらの仕掛け・工夫をしていることは想像に難くない。同社ではいかなる戦略をとっているのだろうか。
※もともとindependentの意味。メジャーなレコード会社や出版社など、いわゆる大企業からの独立を意図する。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年8月号の記事