コンテンツ配信サービス「グーパス」で駅を活性化

オムロン(株)

「企業の公器性」が経営のバックボーン

 社会のニーズに基づいた製品の提供をミッションとするオムロン(株)では、車の交通量や渋滞状況などの交通情報を集中管理し、スムーズな交通の流れを実現する交通管制システム等を提供する一方、銀行のATM、CD、POSや、CAT等のシステムの開発・製造を行っている。このほか、駅や空港ですっかりおなじみの自動改札機の実用化(1967年)をはじめ、自動券売機、自動精算機などの分野においても、独自のカード技術、データ処理技術を活かした、大量かつ多彩なデータを総合処理するトータルなシステムを構築。こうした技術は、複数の路線で共通カードを使用し、よりスムーズな通行環境を実現するストアードフェアシステムなど、新たな社会インフラに活かされている。同社の経営のバックボーンは「企業の公器性」なのだ。
 こうした中、同社は自動改札機を利用した新しいサービスを開始した。ぴあ(株)と提携し、東京急行電鉄(株)の協力のもと、2001年9月より東横線で始めた携帯電話への情報配信サービス「goopas(グーパス、以下同)」である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2002年2月号の記事