企業の一流チャネルから「購買代理業」に

アスクル(株)

企業の一流通チャネルから流通業者に

 「お客様のために進化する」を経営理念に、オフィス用品の通信販売を手掛けるアスクル(株)。
 1993年3月に大手文具総合メーカーであるプラス(株)の一事業部としてスタートした後、1997年5月に分社独立。全国620万事業所のうちの95%を占める中小事業所を中心とする顧客に、オフィスで必要な商品を届けるトータル・オフィス・サポート・サービスを全国(沖縄・離島を除く)展開。専用のカタログ(紙媒体または、ウェブ上)で商品を選び、FAXもしくはインターネットで注文すると、当日、もしくは翌日に商品が届く。社名のアスクルは、文字通り注文した商品が「明日来る」ところに由来している。
 利用登録数は全国で155万オフィス(2001年5月現在)に上り、カタログの掲載商品数も約1万2,300アイテムにまで拡大している。
 同社は、企業の一流通チャネルから流通業者に事業モデルを転換したきっかけとして、「サービスには満足しているが、ほしい商品が一企業のものでは収まらない」という顧客の生の声を挙げている。つまり、エンドユーザーと直接コンタクトを取る中で、自分たちのポジショニングの再構築を迫られ、「販売代理業」から「購買代理業」として顧客の声を実現するべく分社が行われたわけだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年10月号の記事