何が売れるかより、何が必要かを優先

(株)am/pmジャパン

企業理念は「E志向」

 第1号店のオープンが1989年と、大手コンビニの中では最も後発の(株)am/pmジャパン(以下am/pm)。  
 コンビニには珍しく石油業界(共同石油:現ジャパンエナジー)の出身であり、今回取材した中ではかなり異色な存在だ。石油会社が母体ということで、創業時から地球環境に対する問題意識をもっており、Ecology、Earth、Effortの頭文字である“E”を冠した「E志向」を企業理念としている。
 そうした中、同社の特長のひとつが、「とれたて弁当」をはじめとする保存料不使用のオリジナル商品だ。1994年に「とれたて弁当」が開発され、販売が開始されたが、この時までこのような食品を1,000店規模で扱う店はほかにはなかったという。小売業は「きれいに見えるものを売ること」が基本と言われ、そのために防腐剤が使用されることもあるが、am/pmでは、保存料が入っていない、安全で自分たちが納得して食べることができる商品を売っていきたい、という想いがまず根底にあるのだ。また、独自のフローズン技術により、食べる直前まで無菌状態にしておくことで、防腐剤を使用せずに、しかも食品を極力無駄にしなくて済むという、まさに「E志向」が実践されている。
 同社のもうひとつの特長は都心部中心の出店。都心6区(千代田・中央・港・品川・新宿・渋谷)にあるコンビニの45%はam/pm。他社が進出していないエリアを狙った結果だという。有利にビジネスが展開できるところをうまく探し出し、伸ばしていくことは、今後の事業展開において、大きなポイントのひとつだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年4月号の記事