顧客とともに製品開発 貴重なテストマーケティングの場

コクヨ(株)

双方向コミュニケーションでニーズにあった製品を開発

 1995年という非常に早い時期から、自社ホームページを立ち上げているコクヨ(株)。当初は社長直轄のプロジェクトとして立ち上げ、その後はPR部主導で企業PRの場として活用していたが、Eコマースなどの浸透とともに、ホームページの機能も発展。同社でも重要なマーケティング戦略として位置づけ、各事業部が個別にコンテンツを企画するなど内容を充実。2000年12月から、ホームページをマーケティング部の管轄とし、現在は全社的な運営に取り組んでいる。
 そうした中でも今回注目したいのは、OA関係商品を扱うOAサプライズ事業部が、99年2月にスタートしたオリジナルサイト、「さぷらいふ」である。ここでは、顧客との双方向コミュニケーションにより、顧客の声に基づいた製品開発・販売を実現しているのだ。
 サイト立ち上げの直接のきっかけは、同事業部の製品が、たとえばパソコンラックなど、言わば“周辺製品”であったこと。これらはリアル店舗でも店頭に置かれることは稀であり、顧客に効果的にPRすることが難しい。また同社はメーカーであるゆえ各事業部は営業部門をもたない。新製品を開発したところで、事業部から直接顧客に製品情報を届ける術もなかったのだ。
 そこでホームページを利用し、同事業部の製品を広く告知。さらに売り上げ拡大を狙い、製品開発に顧客の意見を取り入れることを考えたわけである。

コクヨHP-1

http://www.sapulife.com/

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年3月号の記事