本音をつかんだきめ細かなソリューション提供が満足度、ロイヤルティを高める

中外製薬(株)

ネット上のアンケートで双方向コミュニケーションを実現

 栄養ドリンクのグロンサン、肩こり等に効く消炎鎮痛剤のゼノールなど、幅広く商品を提供する中外製薬(株)。1997年4月より自社ホームページをスタートし、商品情報をはじめ、IR情報、医療関係者向けの情報など豊富なコンテンツを揃え、トップページビューは1日当たり約4,000件を数える。
 その中でも、現在力を入れているのが商品情報。というのも、医薬品は正しい使用法に基づいてこそ本来の価値・効能を発揮するもの。かつ、突然ニーズが発生するものである以上、顧客が必要なときに必要な情報を得るためには、日頃からきめ細かく情報提供を行う必要があるのだ。
 しかし、いかにサイトを充実させても、まず多くの顧客に見てもらえることが大前提。そして何より、単に情報を発信するのではなく、顧客の意見や疑問に応える情報であってこそ、真に価値あるものとなる。
 そこで同社ではメディアミックスを重視し、CM、雑誌などでホームページ・アドレスを広く告知。さらに1999年7月より、回答者に特典を約束する「アンケートde GET」というコンテンツを追加した。集客を図ると同時に顧客の意見に応える情報提供を行うことで、双方向コミュニケーションのしくみを構築したのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2001年2月号の記事