統合型インターネット・サービス 「mol」を開設、 6月より無料サービスを開始

(株)ミスミ

精密機器部品の顧客のインターネット環境を整備

 精密機器部品などの企画販売を手掛ける株式会社ミスミは1963年に設立。当初は訪問による営業活動を続けていたが、1977年からカタログによる通信販売を開始し、購買代理商社を事業コンセプトとした生産財のB to Bダイレクトマーケティングの専業会社に成長した。現在は、精密機器部品以外にもDTP、メデイカル、食材関連の新規領域にまで事業を拡大。2000年3月期の売上高は、428億円、経常利益は50億円となった。売上高に占める精密機器部品の構成比は88.8%となっている。
 今年6月からはインターネットを利用した統合型インターネットサービス「mol (ミスミオンライン)」を開始。7月末まではお試し期間として無料サービスを実施し、8月から有料化に踏み切る。
 「mol」は、精密機器部品の顧客向けにインターネット環境の底上げ、業界特化型の情報コンテンツの提供、EC顧客機能代行の3つを目的としたポータルサイト。従来のEコマースは、物やサービスのインターネット上での販売にとどまっていたが、同社はニフティとの提携によりプロパイダ事業も手掛けることで、潜在顧客を開拓し、底辺からEコマースを推進。当初は情報コンテンツに設計、購買、検査、品質管理機能などを揃えて、ウェブ利用の誘引につなげていく。
 情報コンテンツには、無料サービスとして業界ニュースや全国の景気概要、展示会、セミナー情報などを設けた。設計の際に使う技術計算のテンプレートや、金型のカリスマ職人のコラム、金型用語集、金型のしくみなどの技術情報については有料で提供する。なお、ニフティと接続サポートに関して提携しているため、ニフティのコンテンツも利用できる。
 また、ASP(アプリケーション・サービス・プロパイダ)としてホームページの製作をはじめとする、給与計算、住所録、スケジュール、振込みなどのサービスも予定している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年7月号の記事