全ての取引手続きを画面上でスピーディに処理 国内最大のB to B Eコマース「TWX-21」

(株)日立製作所

決済、見積り、販売など取引手続きを支援するアプリケーションを満載

 (株)日立製作所の「TWX-21」は、企業がネットワーク上で資材を調達できる、会員制の電子商取引所である。今年スタートのB to B Eコマースが多い中、これは97年10月から他に先駆けてオープン。ネットワークが単なる通信メディアではなく、ビジネス・メディアに変わりつつある点に注目し、取り引きの「場」を提供することを目的として構築された。
 これは、取引業務上必要な手続きを全てネット上で行うための、様々な業務アプリケーションを備えていることが大きな特徴。例えば同社が87年から提供しているEDI(電子データ交換) サポートをはじめ、決済支援、見積り支援、販売支援、SCM (サプライ・チェーン・マネジメント)などのアプリケーションをラインナップ。「Trade Winds on Extranet-21 (21世紀のエクストラネット上に吹く貿易風)」という名前の由来通り、会員企業は日立製作所のエクストラネット上で、つまりはパソコンの画面上で、資材調達に伴う全ての業務手続きをスピーディに処理できるのだ。
 現時点(2000年5月末)の会員企業は、受発注の全てをオンライン上で行う3,400社、オンラインとFAXで行う3,600社の合計7,000社を数える。業種は製造業が57%、却売業が29%、サービス業が8%、建設業が5%と、もっぱらメーカ一系が中心。企業規模では資本金1億円未満、従業員100人以下の、いわゆる中小企業が約半数を占める。従来のEDIサポートでは、利用企業は大企業が中心だったが、TWX-21で、ユーザーの間口が一気に広がった。

TWX-21全体像

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年7月号の記事