余剰在庫を格安で提供する 「e-zaiko.com」を開設

いい在庫ドットコム(株)

付加機能として決済や物流、保険機能を提供

伊藤忠商事(株)、三井物産(株)、オリックス(株)、東京海上火災保険(株)の4杜は、加工食品、繊維、日用雑貨、建材、産業機械などの余剰在庫を取り引きする「いい在庫ドットコム(株)」を6月9日に設立。インターネットを利用したB to B E-マーケットプレイス「e-zaiko.com」を開設する。
 今年7月中旬からデモサイトでの運営をはじめ、9月1日から決済機能を含めた本格的な稼動に踏み切る。同社の資本金は4億9,000万円で、出資比率は伊藤忠商事と三井物産がそれぞれ35%、オリックスグループと東京海上火災グループがそれぞれ15%。
 「e-zaiko.com」は、各企業が抱える建材をはじめとする様々な商品の余剰在庫をインターネット上で紹介し、購入企業を募る在庫処理サイト。多種多様な分野の商品を取り引きするほか、付加機能として決済や物流、保険機能を提供する。商品を求める購入企業と、在庫を抱える販売企業に出会いの場を提供し、Eコマース(電子商取引)を利用して余剰在庫の解消に貢献していく。
 サイト上での取引形態は、購入企業と販売企業がサイト上で交渉するマッチングと、販売企業が出展した商品に、購入企業が値段をつけて交渉するオークションの2種類を予定している。販売企業は在庫商品の数量や希望販売価格をサイト上に登録。購入企業は希望商品や価格などをインプットし、諸条件が合えば取り引きが成立する。在庫商品の価格の目安は、商品により違いはあるが、基本的には製造原価程度をイメージしているという。また、サイト上での取引きは、社名を明かすことなく匿名で行なう。これは余剰在庫を抱えた企業が社会的な信用を失うケースがあることを配慮したもの。
 「e-zaiko.com」のメリットは、購入企業にとっては商品を安く迅速に調達でき、販売企業にとっては在庫を抱えることなく健全な経営を維持できること。在庫不足は顧客からの信用の失墜につながるため、企業は余剰在庫を抱えがちだ。しかしこれが倉庫費用などの多大な経費を生んでいるのも事実。同社では、「e-zaiko.com」によりこの問題の解消を図っていきたいとしている。
 サービス内容としては、在庫商品の検索が可能なコミュニテイ・データベース機能、広告宣伝機能、在庫商品の情報提供などのアフターサーピス機能を予定している。具体的な情報コンテンツについては、7月中旬のデモサイト開設に向けて現在検討中。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年7月号の記事